「文章がうまく書けない」「要点をまとめられない」とお悩みではありませんか?集客のためのWebライティングにも、文章力が求められます。

ここでは、文章力がない人の特徴と、文章力を向上させるトレーニング方法をご紹介します。

文章力がない人の特徴とは

文章が思いつかず悩む女性

文章力がない人には、いくつかの特徴があります。

文章力を向上させるためにも、まずは特徴を把握してから原因と対策を確認しましょう。

  • 一文が長すぎる

    文書力がない人に多い特徴が、1つの文を長く書きすぎることです。

    長い文は読み進めていくうちに前の内容を忘れてしまいやすくなるため、読み手に内容が伝わりにくくなります。

    また、読み手に内容を伝えたいからといって情報を盛り込みすぎると、かえって理解しにくくなります。できるだけ一文を短くすることを心がけましょう。

    読みやく、内容がわかりやすいシンプルな文にするには、一文一義を意識してみてください。「一文一義」とは、1つの文で1つの内容だけを伝えることです。

  • 難しい言葉や専門用語が多すぎる

    いい文章とは、読み手が読みやすく、内容がわかりやすい文章のことです。

    難読漢字や専門用語、難しい言葉や耳なじみのない外来語は、読み手のレベルに合わせて使用しましょう。

    例えば、料理のレシピを紹介する場合、専門用語を熟知しているプロの料理人と、毎日の献立の参考にしたい主婦とでは、言葉遣いが大きく異なります。

    文章を書く前に読み手を確認し、読み手のレベルに合わせて言葉を選ぶことで、文章の読みやすさとわかりやすさが向上します。

  • 主語と述語が合っていない

    日本語の文は主語と述語がないと成り立たないため、文章を書くときには主語と述語を意識しましょう。また、一文が長くなると書き手も主語と述語を見失いないやすいため、見返しが必要です。

  • 話がコロコロ変わる

    文章は論理を積み重ねたものですので、内容が二転三転すると論理破綻を起こしてしまいます。話がコロコロと変わって論理破綻が起こると、読み手の信頼も失ってしまうため注意が必要です。

    文章を作成する際には、どのような文章にするのか構成を決め、接続詞の使い方に気を配りながら、丁寧に一文一文を書きましょう。

  • 「こそあど言葉」が多すぎる

    文章力がない人の特徴として、指示語の「これ」「あれ」「それ」「どれ」といった、「こそあど言葉」を多く使っていることが挙げられます。

    こそあど言葉を使えば、言葉の重複を避けられるため便利ですが、多用しすぎると何を指しているのか、わかりにくくなってしまいます。いい文章を作るためには、できるだけこそあど言葉の使用を避け、具体的な言葉で書きましょう。

  • 説明が不足している

    情報を詰め込みすぎた長い文章はNGですが、反対に説明不足の文章もいい文章とはいえません。

    説明すべき内容を言葉で伝えないと説明不足で誤解が生じ、トラブルを招く恐れがあります。読み手に伝えたい要点を考えながら文を書くと、説明の過不足が生じることを防げます。

  • 結論が明確になっていない

    曖昧な言葉や表現の多い文章は、読み手に結論や要点が伝わりません。形容詞や副詞を具体的な数字に置き換えたり、具体的な動詞を使ったりする工夫が必要です。

    例えば、会社で上司が部下に「ちゃんとやれ」と指示した場合、「ちゃんとやれ」という表現が抽象的なため、人によって意味が変わってきます。

    「ちゃんとやれ」を、「マニュアルどおりに進める」や「今月のノルマを達成する」などに置き換えることで、相手が理解しやすくなります。

文章力を向上させるトレーニング方法

タイピングの手元

文章力を向上させるには、いくつかのポイントがあります。

「納得できる文章が書けない」、「もっといい文章を書きたい」とお悩みの方に、文章力を向上させるトレーニング方法をご紹介します。

  • 本を読む

    文章を書く前にやっておきたいのが、本を読むことです。

    できるだけ毎日、小説や実用書、雑誌や専門書など何でもいいので、本を読みましょう。あらゆる本を読むことで、日本語の正しい使い方や説得力のある構成など、様々な知識と技が学べます。

    また、ただ文字を目で追うのではなく、「なぜこの本はスラスラ読めるのか?」とか、「この本が伝えたい要点は何か?」といったことを考えながら読むことが大切です。

  • 文章を書く前に構成を考える

    文章を書く前には、必ず文章全体の構成を考えましょう。

    SEO対策のためのWebライティングでは、結論を最初に書いたり、読み手に伝えたい情報を論理的に書いたりする必要があります。

    書き慣れないうちは、まずは書きたい情報をメモに書き出し、流れや要点をまとめてから文章を書き始めましょう。

  • わからない言葉は調べてから使う

    本を読んでいるときにわからない言葉があったら、すぐに調べましょう。

    いい文章を書くためには、適切な言葉を使いわける表現力が必要です。わからない言葉を調べて意味を知ると、使える言葉が増えて語彙力が増し、表現力の向上につなげられます。

  • 第三者に文章を添削してもらう

    文章力を向上させるためには、同僚や上司、家族や友人といった、第三者の協力も必要です。第三者に文章を添削してもらうことで、自分自身では気付かなかった部分の指摘を受けられます。

    近しい相手の場合は厳しい意見をいいにくいこともあるため、文章を添削してくれる有料サービスの利用もおすすめです。

    また、Wordの校閲機能を使えば、誤字や表記ゆれなどのチェックができますので、ぜひ活用しましょう。

  • プロの真似をする

    本や新聞の文章を参考にすることで、わかりやすい言い回しやリズムのある文章が書けるため、プロの文章を真似してみるのも大切です。

  • 人と話す

    文章力の向上に大いに役立つトレーニングの1つが、人と話すことです。

    人間は話す前に頭の中で考えをまとめて話の筋道を立ててから、口から言葉を発しています。

    無意識のうちに、相手がわかりやすい言葉や伝え方を選んでいるため、人と話すことで構成力が鍛えられます。

    文章を書くことも人と話すことも相手に情報を伝える手段ですので、できるだけ人と話すようにしましょう。

  • とにかく文章を書く

    本や新聞、テレビや人との会話などから得た情報を、実際に文書に書き出してみましょう。できるだけ毎日文章を書いていると、文章を書くという行為に慣れるため、文書力を高められます。

    毎日文章を書くことは大変に思われますが、SNSに慣れ親しんでいる方であれば、FacebookやTwitterを利用すれば、気軽に文章が書けます。SNSが苦手な場合は、パソコンやスマホのメモ帳を活用し、文章を書いてみましょう。

    また、SNSやメモ帳に書いた文章は書きっぱなしにするのではなく、読み返すことが大切です。言い回しが間違っていないか、論理が破綻していないかなども必ず確認しましょう。

  • 読み手を意識する

    Googleがユーザーファーストを掲げているため、SEO対策のWebライティングでも、読み手を第一に考える必要があります。

    自分が知っている言葉や知識をすべての人が知っているとは限りません。自分が知っている言葉や知識をもとに文章を書いても、読み手であるユーザーが言葉や知識を理解していない場合、内容が伝わりにくくなってしまいます。

    読み手に合わせて使う言葉や表現を変え、よりわかりやすい文章を書くように心がけましょう。

  • 目的に合わせて鍛える

    文章力と一口にいっても、表現力や語彙力、構成力や要約力など、様々なスキルがあります。

    「苦手なスキルを鍛えたい」、「得意なスキルを伸ばしたい」など、向上したいスキルが明確であれば、目的を絞ってトレーニングする方法もあります。

    例えば、表現力を鍛える場合には好きな作家の書き方を真似したり、語彙力を鍛える場合には辞書と首っ引きで専門書などの難読な本を読んでみたりしましょう。

    また、構成力を鍛える場合には、PREP法や起承転結といった型通りに文章を書いたり、要約力を鍛える場合には、ニュースの記事を短くまとめたりするトレーニングも有効です。

言いたいことが出てこない…文章表現に悩んだときの対処法

言いたいことが出てこない…文章表現に悩んだときの対処法

表現に悩んでしまうことが多い人は、様々な表現に出会うために本や新聞を読むことが必須です。そして、文章表現に悩んでしまうケースと、その対処法をテクニックとして習得することで、スラスラと文章を書けるようになるはずです。

まとめ

文章力を向上させると、読み手であるユーザーに効率よく情報を伝えられるようになります。

多くの本を読んだり、構成を考えてから文章を書いたりと、ちょっとした工夫やトレーニングを取り入れることで文章力は向上します。

SEO対策支援やSEOツールを提供しているGMOソリューションパートナー株式会社では、

  • ホームページからの問い合わせがない
  • SEO対策をしているが効果がない

と感じている方をサポートしています。

初回相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

SEO対策をお考えの方必見!コンテンツ作成の流れと上位表示を意識した文章の書き方

SEO対策をお考えの方必見!コンテンツ作成の流れと上位表示を意識した文章の書き方

これからSEO対策を始める方に向けて「コンテンツ作成の流れ」と「上位表示を意識したタイトル・記事の書き方」を解説します。

\GMO順位チェッカーでSEO対策!/

    お問い合わせフォーム

    下記フォームよりお問い合わせください

    お名前

    お名前(フリガナ)

    会社名

    会社の所在地

    サイトURL

    メールアドレス

    お電話番号

    現在のご契約状況

    お問い合わせサービス

    お問い合わせ種別

    お問い合わせ内容

    PAGE TOP