YouTubeやTikTok、Instagramなど日常生活で動画を目にする機会が多い昨今、
「動画撮影したい!」「カッコいい映像が撮りたい!」「思い出を映像で残したい!」…そう思う方も多いはず。

今回は、これから動画撮影を始めたい方に向けて、
必要最低限の機材と撮影方法についてご紹介していきます。

あなたが持っているものでも、手軽に綺麗な動画撮影ができますので、
ぜひ今回を機に動画撮影LIFEをスタートしましょう!

必要機材

iPhone

iphone

動画撮影をするうえで、一番オススメなのはあなたも持っているであろうスマートフォン!
日本では、iPhoneが主流のデバイスとなっておりますので、今回はiPhoneを中心に紹介させていただきます。

みなさん、iPhoneをはじめとするスマートフォンは常に持ち歩いていますよね⁉
そんなiPhoneが、最も手軽に綺麗に撮影することができる機材なんです!

動画撮影ブームの火付け役ともなったYoutuberも、いまだにVlog撮影や企画撮影のメイン機材として
iPhoneを使用している方もいます。

つまり、iPhoneを駆使すれば、あなたが憧れている動画撮影者のような映像を撮影することができます。

携帯電話としての役割だけではなく、動画撮影機材として活用するのもオススメです。

iPhoneで撮影するメリット

  • 常に持ち歩いているからいつでも撮影できる
  • 内カメラがついているから、自撮りも簡単!
  • 撮影した映像をそのまま編集できる
  • 「望遠」「広角」「超広角」も簡単に切り替え可能

iPhoneで撮影するデメリット

  • 暗い場所での撮影には不向き
  • 撮影素材がたまると、携帯の容量を圧迫する

GoPro(アクションカム)

action

「iPhone以外で撮影をしたい!」という方にオススメなのが、GoPro!

GoPro本体はiPhoneよりも小さくて軽い、手ブレ補正もあるため、
歩きながらの撮影や、アクティブなシーンを撮影するときにオススメです。

iPhoneでは撮影できないような映像を撮りたい方は、ぜひGoProを検討してみてください。

GoProで撮影するメリット

  • 普段見ることができないアングルからも撮影可能
  • 手振れ補正が優秀なため撮影が簡単
  • 持ち運びが便利
  • 防水性能があるため、濡れても安心
  • 5Kで撮影することも可能(GoPro hero9の場合)

GoProで撮影するデメリット

  • 暗い場所での撮影には不向き
  • 起動に時間がかかる

あったら便利な撮影機材

三脚

三脚

カメラを固定して撮影したいときには、三脚がオススメです。


例えば、「子どもの晴れ舞台を撮影したいとき、動画も撮りたいけど、目にも焼き付けたい!」
こんな想いを抱いたことはないでしょうか?

そんなときに、三脚があれば、固定して子どもの姿を撮影でき、
勇姿も目に焼き付けることができます。

また、三脚で撮影すると、
手ブレがないため綺麗に動画を撮影することができます。

ただし、位置が固定されるため、撮影対象物が動く場合は注意が必要です。

三脚で撮影するメリット

  • 表現の幅が広がる(タイムラプス撮影が可能※後ほど紹介します。)
  • 首や腕が疲れない
  • 手ブレがない

三脚で撮影するデメリット

  • 撮影対象物が動く場合には不向き
  • 三脚を持ち運ぶ必要がある

カメラを固定した方が綺麗に撮影できるので、安い三脚でも良いので1つ購入することをオススメします。

ジンバル

ジンバル

手持ち撮影と三脚を使用した撮影の良い所を採用したのがジンバル。
ジンバルが撮影機材を支えるため、手持ち撮影に比べ手ブレはしにくく、
また三脚に比べ移動や画角を変更することも簡単に行うことができます。

また、ジンバルが撮影機材を水平に保ってくれるので、
撮影初心者の方でも簡単に綺麗な映像を撮影することができるようになります。

ジンバルで撮影するメリット

  • なめらかな映像を撮影できる
  • 画角の変更や移動も簡単
  • 手振れが少ない

ジンバルで撮影するデメリット

  • 撮影機材ごとにジンバルを購入する必要がある(スマホ、アクションカム、カメラなど)
  • 長時間撮影していると、首や腕が疲れる

照明

照明

お家や撮影スタジオなど撮影スペースが決まっている方は、
照明を使用することをオススメします。

室内での撮影になると、家の照明をつけて明るくしても
いざ撮影してみると「なんかパッとしない、、、」こんな経験はないでしょうか?

それは、カメラやカメラの設定が原因ではなく、照明が原因かもしれません。

Youtuberの方々が、室内で綺麗な映像を撮影できているのは、
もちろんカメラの性能がよいという理由もありますが、たくさんの照明で撮影スペースを明るくしているから、
明るい綺麗な映像を撮影することができています。

高価なカメラがなくても、照明をプラスすると、
動画の画質を向上できて出演者の印象をコントロールでき、今よりもワンランクアップした動画を撮影できます。

照明をつけて撮影するメリット

  • 映像が明るく見える
  • 肌がきれいに映る

照明をつけて撮影するデメリット

  • 日常生活で邪魔になることがある
  • 照明が強すぎると映像が白飛びしてしまう

撮影知識/撮影モード

フレームレート(fps)

フレームレート(fps)とは、1秒間の動画が何枚の画像で構成されているかを示すの単位のこと。
フレームレートの数値が大きければ大きいほど、画像の枚数が多い動画となるため、なめらかで綺麗な映像を撮影することができます。

fps用途効果
24fps映画映像に味が出る
30fpsテレビ・CM見慣れているため、見やすい
60fpsYoutube非常になめらかな映像になる

2021年11月現在のiPhoneの最新機種iPhone13のフレームレートについてご紹介します。

HDビデオ720p/30fps
1080p/30fps
1080p/60fps
4K4K/24fps
4K/30fps
4K/60fps

HDビデオより、4K動画の方が高画質なため、
iPhoneで撮影できる最も解像度の高い動画は、4K/60fpsになります。

日頃よく見るYoutubeは、データ容量の関係からHDビデオで撮影されている方も多く、
iPhoneやGoProでもYoutubeにあがっている映像以上、もしくは同等の動画を撮影することができます。

スローモーション

iPhoneやGoProでは、スローモーションの動画を撮影することができます。
活用の方法としては、サーフィンやスキーなどアクティブな映像の撮影や、水の流れや火の動きなどを
撮影する際に使用することをオススメします。

iPhoneでのスローモーション撮影の解像度/fpsは以下の通りです。

  1080p/120fps  
  1080p/240fps  
  720p/240fps

通常の撮影モードで撮影し、編集でスローにすることもできますが、
フレームレート(fps)の値が大きく異なるので、動画がなめらかにはなりにくいです。
そのため、スロー映像を使用する可能性がある場合は、
最初からスローモーションで撮影することをオススメします。

スローモーションで撮影するメリット

  • 普段目にすることができない映像を目にすることができる
  • 自身の動きやパフォーマンスの分析に活用できる
  • 通常の映像と差をつけることができる

スローモーションで撮影するデメリット

  • 動かしながら撮影するのは難しい
  • 撮影データが重い

タイムラプス

タイムラプス

タイムラプスとは「微速度撮影」「低速度撮影」と呼ばれる、数秒に1コマずつ撮影したものを繋げることで、コマ送り動画のように見える撮影方法のこと。
太陽や雲、星など、動きがゆっくりなモノを撮影する際に使用することをオススメです。


通常の撮影方法で、太陽や雲、星などを撮影しても、動きが遅いため変化のない動画になりますが、
タイムラプスで撮影することで、普段動きを体感することができないモノの動きを体感することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
動画を目にする機会が多くなり、
質の高い動画見て「自分には真似できない」そう思っていた方も、
意外と自分にもできそう!って思っていただけたのではないでしょうか!!

最初はこの記事の内容・知識を頭に入れても、
思い通りにいかないこともあると思いますが、
プロの動画撮影者も元は素人。

あなたも経験を積めば必ずできるようになります。

動画を撮影したら、次のステージは編集です。

編集の始め方についても、記事でご紹介しておりますので、
ぜひあわせてご覧ください。

PAGE TOP