「どうやったらWebライティングが上達するのかわからない…」とお悩みではありませんか?

いい文章はいきなり書けるものではないため、練習が必要です。

ここでは、Webライティングに必要なスキルや知識、練習方法をご紹介します。

Webライティングで必要なスキルや知識

電話をしながらノートパソコンを使う女性のイラスト

Webライティングとは、Webサイトに掲載する記事の文章を書くことです。

Webライティングを上達させるためには、まずWebライティングに必要なスキルと知識を確認することから始めましょう。

基本的な文章力

Webサイトに掲載する記事も、紙媒体に掲載する記事と同じく、基本的な文章力がなくては、いい文章は書けません。

とくに、Webサイトに掲載する記事の場合、読みにくい文章やわかりにくい文章は、ユーザーがすぐに離脱してしまいます。

読みやすい文章やわかりやすい文章を書くための、文章力と構成力を身につけましょう。

SEOの知識

SEOとは、Googleなどの検索エンジンの検索結果で、Webサイトを上位に表示させるための対策です。

ユーザーのほとんどは、検索結果を5ページも10ページも見ません。みなさん自身、調べものをする際には1ページ目の上位に表示される記事しか見ないと思います。

つまり、ただ記事を書くだけでは意味がなく、上位表示を狙って多くのユーザーに読んでもらうには、SEOの知識が必要というわけなのです。

記事のテーマに関連する知識

Webライティングではテーマの知識だけではなく、知識がないユーザーにもわかりやすく説明できるスキルが求められます。

企業のホームページに掲載する記事では、取り扱っている商品やサービス、業界の動向など、幅広い知識が必要です。

Webライティングとは?種類・資格・NG事項など情報満載!

Webライティングとは?種類・資格・NG事項など情報満載!

Webライティングとはどんなものかご存じですか?Webサイトと紙媒体の記事には様々な違いがあるため、SEO対策を始める前に、Webライティングの基礎知識を理解しましょう。ここでは、Webライティングの種類や資格、NG事項をご紹介します。

おすすめのWebライティング練習方法

キーワードでタイピングするイラスト

Webライティングを上達させるには様々な方法がありますが、その中でもおすすめの練習方法をご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

文章作成とWebライティングの基本を理解する

Webライティングでいい文章を書くには、文章作成の基本と、Webライティングの基本を理解することから始めましょう。

文章を書くには、押さえておきたいポイントがあります。Webサイトに掲載する記事のコツは、Webライター向けの書籍を読んだり、人気のWebサイトの記事を真似たりすることで学べます。

記事の構成を作る

記事は構成が重要です。

いきなり執筆し始めても、途中で「どういう流れで着地させればいいのか…」、「さっきの内容は後に持ってきた方がよかったかも…」といった迷いが出てきてしまい、スピードも落ちてしまいます。

構成が決まっていれば迷うことなく進められるため、まずは構成作りに取り組んでみましょう。

文章の型にはめて書く

読みやすくわかりやすい文章には、PREP法やSDS法などの型があります。型に当てはめるだけで文章が書けるため、初心者の方にもおすすめの方法です。

Webライティングでお悩みの方必見!わかりやすく伝えるコツと基本の文章構成パターン

Webライティングでお悩みの方必見!わかりやすく伝えるコツと基本の文章構成パターン

「わかりやすい文章の書き方がわからない」とお悩みではありませんか?Webライティングでわかりやすい文章を書くには、テクニックとコツを身につける必要があります。ここでは、わかりやすく伝えるコツと基本の文章構成パターンをご紹介します。

文章をまとめる

いい文章を書くためには、文章をまとめる練習も欠かせません。

一度書いた文章や、新聞・本などで目にする文章をまとめることで、Webライティングが上達します。

上手にまとめるためには、内容を理解していないといけません。繰り返し練習していくうちに自然と、ユーザーに必要な情報をわかりやすく伝えるためのスキルが身につきます。

文章をできるだけ多く書く

ライティングのスキルを身につけるためには、とにかく文章を書くことが重要です。

文章を毎日欠かさず書いていると、書くという行為自体に慣れてきます。その際、誰かが読むことを前提に書いていくと、読み手にとってわかりやすい文章を書くスキルが身につきます。

文章の推敲や添削をする

文章は書きっぱなしにするのではなく、改善して質を高めるようにしましょう。

書いた文章を書いたあとに第三者に添削してもらうと、自分では気付かなかった新たな発見があります。

また、書いた文章は2~3日寝かしてから見直したほうが、書いたときとは異なる視点でチェックできますので、すぐに見直すよりも効果的です。

文章を修正する際には、修正した内容をメモしておくと、得た知識を溜められます。

慣れるまでは時間をかけて文章を書く

文章を書くことに慣れるまでは、時間をかけて丁寧に書くことをおすすめします。

スピードばかりを重視して、低品質な文章を書いていても、文章力は向上しません。正しい日本語を使い、一文一文を考えながら文章を書き進めていけば、いい文章を書けるようになります。

いい文章を書けることに慣れれば、自然といい文章を書くスピードも速くなりますので、スピードを意識せずに、じっくりといい文章を書くことに集中しましょう。

目的を持って文章を書く

Webライティングのスキルを向上させるには、目的を持って文章を書くことが大切です。

文章は書けば書くほど上達するといわれていますが、何も考えずに書き続けても文章力は身につきません。

必要な知識を学び、どうすればいい文章を書けるのかを考えながら書けば、文章力は向上します。

例えば、野球の練習の場合、投球フォームを直すならピッチング練習、体を鍛えるなら筋トレと、向上させたいスキルに合わせて練習します。

Webライティングの練習も同じで、PREP法やSDS法などの型に当てはめて書く練習、専門用語をわかりやすく言い換える練習など、目的を持って文章を書きましょう。

Twitterを使って毎日文章を発信する

文章を書く練習はテキストなどでもできますが、おすすめはTwitterです。

Twitterは手軽に文章が作成できることはもちろん、文字数の制限があることが魅力です。

伝えたい内容を140文字以内にまとめる必要があるため、文章を書くだけではなく、文章をまとめる練習もできます。

通勤や移動中の短時間で投稿できますので、ぜひWebライティングの練習にTwitterを活用しましょう。

ブログやWebサイトを運用する

Webライティングの実践的なスキルを身につけるなら、ブログやサイトを運用し、書いた文章を実際に公開してみましょう。

Googleアナリティクスやサーチコンソールなどの分析ツールを使うことで、Webサイトのページビュー数や検索順位の変化などを確認できますので、問題点を見つけ、繰り返し改善を図ってください。

そうすることで、どういう記事がユーザーやGoogleから評価されるのかもわかってきます。

ブログと一口にいっても、無料プランのあるnoteや初期費用・運用費用のかかるWordPressなど、様々な種類があります。それぞれの特徴を確認し、使い勝手のよさや目的に合わせて選びましょう。

基本ができてから応用的なスキルを学ぶ

ある程度文章の作成ができるようになったら、応用的なスキルと知識を学びましょう。

Webライティングの基本的な力が身についていると、応用的な知識やスキルを上乗せできます。学んだ知識やスキルを、自分なりに解釈して取り入れられるため、知識やスキルの定着率も向上します。

Webライティングで心がけるべきポイント

POINTと書かれたブロックと豆知識のイラスト

読むことが目的の紙媒体の文章に対し、Webサイトに掲載する文章は答えを知ることが目的のため、当然書き方も違ってきます。

Webライティングでは、心がけるべき5つのポイントを意識しながら文章を書きましょう。

Point1結論を先に書く

Webサイトに掲載する文章は、結論を先に書きましょう。Webサイトを訪れるユーザーは全文を読みたいとは考えていないため、すぐに答えがわかるように結論を先に書く必要があります。

Point2流し読みでも理解できる工夫をする

Webサイトを訪れるユーザーは、文章をすべて読まないことがほとんどです。流し読みでもユーザーが内容を理解できるように、内容をまとめたタイトルをつけたり、文章の重要な部分を強調したりするなど、読みやすくなるように工夫しましょう。

Point3わかりやすい文章を書く

Webサイトに掲載する記事は、世界中の多くの方の目に触れますので、誰にでもわかりやすい文章でなければなりません。ユーザーは欲しい情報を手に入れるために、多くのWebサイトを訪れます。間違った言葉遣いや回りくどい表現を使った文章は、ユーザーに読みにくいと判断され、すぐに離脱されてしまいます。伝えたい内容を明確にし、簡潔な表現で文章を書きましょう。

Point4主観を入れない

答えを知ることが目的のユーザーは、書き手の感想は求めていません。個人のブログでは感想を自由に書いても問題ありませんが、企業のホームページなどに掲載する文章には主観を入れないように注意が必要です。また、「~だと考えられます」や「~かもしれません」などの曖昧な表現は、ユーザーを不安にさせてしまいますので、使うことは避けましょう。

Point5Webサイトの方向性に合わせる

文章は、掲載するWebサイトの方向性と合っていなければなりません。文章を書く前には、文章を掲載するWebサイトがどのようなものなのかをしっかりと確認しましょう。また、Webサイトによって、「です・ます調」や「だ・である調」など、文章のルールも異なりますので、合わせて確認しておくことが大切です。

わかりやすい文章の具体例が知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。

Webライティングで押さえておきたい「いい文章」の条件と書き方

Webライティングで押さえておきたい「いい文章」の条件と書き方

Webライティングで求められるいい文章とは、どのような文章なのかご存じですか?いい文章とは、ユーザーにとってわかりやすい文章のことです。ここでは、Webライティングにおけるいい文章の条件や、わかりやすい文章の書き方をご紹介します。

まとめ

今からWebライティングを上達させたい方は、まず文章を毎日書くクセをつけることから、始めてみましょう。

目的を持って練習を積み重ねていくと、文章力の向上につなげられます。何事も一朝一夕では身につきませんので、ぜひ毎日文章を書く練習を続けてみてください。

集客につながる文章力を身につけよう!文章力がない人の特徴と文章力アップのトレーニング方法

集客につながる文章力を身につけよう!文章力がない人の特徴と文章力アップのトレーニング方法

文章力は集客にも影響を与えるものです。ここでは、SEO対策に取り組む前にぜひ知っておきたい、文章力がない人の特徴と、文章力を向上させるトレーニング方法をご紹介します。

GMOソリューションパートナー株式会社では、SEO対策をはじめとしたウェブ集客支援サービスを提供しています。ウェブ集客でお困りの方に適切なアドバイスをし、しっかりサポートいたしますので、まずは下記フォームより無料相談をお申込みください。

\GMO順位チェッカーでSEO対策!/

    お問い合わせフォーム

    下記フォームよりお問い合わせください

    お名前

    お名前(フリガナ)

    会社名

    会社の所在地

    サイトURL

    メールアドレス

    お電話番号

    現在のご契約状況

    お問い合わせサービス

    お問い合わせ種別

    お問い合わせ内容

    PAGE TOP