「記事のタイトルの付け方がわからない」とお悩みではありませんか?

ユーザーに記事を読んでもらうためには、タイトルにこだわる必要があります。

ここでは、タイトルにこだわるべき理由とタイトルの付け方、注意点をご紹介します。

タイトルにこだわるべき理由

ノートパソコンをタイピングする人

Webライティングで記事を作成する際にはタイトルにこだわる必要がありますが、その理由をご存じですか?

理由を知るには、まずGoogleなどの検索エンジンの画面で、ご自身がキーワードを検索するシーンを想像してみましょう。

検索画面には10を超える記事が並んでおり、記事のタイトルと説明文が数行だけ表示されます。ユーザーの多くが、検索画面に表示された記事をすべて読むのではなく、読みたいと思ったものだけをクリックしています。

ユーザーは記事を読むかどうかをタイトルで判断しているため、タイトルが目に留まらなければ他の記事に埋もれてしまい、記事を読んでもらえなくなってしまいます。

タイトルはユーザーがどの記事を読むかを判断する、重要な基準になるため、こだわる必要があるのです。

また、タイトルで読むかどうかを判断するシーンは、Googleの検索画面だけではありません。

メールの受信ボックスやニュースの一覧、SNSのタイムラインや外部サイトのリンクなど、記事がユーザーの目に触れるシーンでは同じことがいえます。

どんなに内容が優れた記事でも、タイトルでユーザーの興味を惹きつけなければ、読んでもらえない可能性が高まります。タイトルは記事の顔です。

Webサイトの流入数に大きな影響を与えるため、ユーザーの興味を惹く、魅力あふれるタイトルを付けましょう。

クリックされるタイトルの付け方

スマートフォンをクリックするイラスト

クリックされるタイトルを記事に付けるには、いくつかのコツがあります。

記事のタイトルを付ける際にはコツを意識し、ユーザーがクリックしたくなるようなタイトルを付けましょう。

タイトルはなるべく30文字以内にする

パソコンの検索画面で表示されるタイトルの文字数は30文字~35文字です。

Googleは自動的に文字数を調整しているため、検索結果に表示される文字数は検索するキーワードや検索するタイミングによって異なります。

そのため、正確な文字数は断定できませんが、なるべく30文字以内に収まるよう工夫しましょう。

キーワードを先頭に入れる

タイトルには必ず対策したいキーワードを入れますが、タイトルを表示する文字数には制限があるため、キーワードを先頭に入れて見切れてしまわないようにしましょう。

また、キーワードがタイトルの前半にあると、ユーザーがタイトルを一目見ただけで、記事の内容を理解できます。

魅力的なタイトルを付ける

WebライティングではSEO対策を重視しがちですが、ユーザーも大切です。ユーザーが思わずクリックしたくなるような、魅力的なタイトルを付けましょう。

SEO対策を重視して、キーワードばかりを羅列したタイトルはNGです。ユーザーに不自然な印象を与えるため、クリックしてもらえなくなってしまいます。

クリック率はSEO対策の重要な指標であり、クリックするかどうかはユーザーが決めます。タイトルを付ける際には、Googleよりもユーザーを第一に考えましょう。

タイトルに記号を入れる

ユーザーの目をひくためには、タイトルに記号を入れることも有効です。

例えば、「東京の人気ケーキ店おいしいケーキのお店をご紹介します」よりも、「【東京の人気ケーキ店】おいしいケーキのお店をご紹介します!」のほうが、検索結果で目立ちます。

検索結果で目立つと、クリック数のアップにつなげられますので、ぜひ「【】(大括弧)」「|(バーティカルバー)」「!(びっくりマーク)」などの記号を取り入れましょう。

タイトルに具体的な数字や実績を入れる

記事の信頼度を上げると、ユーザーがクリックする可能性が高まります。

ユーザーはGoogleの検索結果に並んだ記事を見たときに、どの記事に求めている答えや、メリットがあるかを判断しています。

具体的な数字や実績を入れたタイトルからは、価値やメリットを感じられるため、ユーザーにクリックしてもらいやすくなります。

例えば、「絶対においしい東京の人気ケーキ店まとめ」よりも、「絶対においしい!東京の人気ケーキ店7選」のほうが、より具体的にイメージできます。

他にも、「体重を劇的に落とすダイエット法」よりも、「体重を5kg落とす3つのダイエット法」のほうが、説得力が増します。

ユーザーの興味をひくには、タイトルに具体的な数字や実績を入れましょう。

タイトルと内容を一致させる

タイトルを付ける際には、タイトルと記事の内容を一致させることも重要です。

ユーザーの興味をひきたいからといって、記事の内容と関係のないタイトルを付けても、ユーザーは内容を見て必要のない情報だと判断するため、すぐに離脱してしまいます。

また、Googleはタイトルと本文を確認して、検索順位を決めています。タイトルと内容が一致していない記事は、Googleにユーザーにとって有益ではないと判断されます。

離脱率が高く、Googleが有益ではないと判断したWebサイトは、誰にも信用されず、訪れる人もいませんので、タイトルを誇張しすぎないようにしましょう。

ユーザーのレベルに合わせた言葉を使う

タイトルはユーザーの目線に立ち、ユーザーが使用する言葉を入れましょう。

書き手の目線で選んだ言葉を使うと、ユーザーのニーズと合致しなくなるため、ユーザーが置き去りにされる可能性があります。

初心者向けの記事では、専門用語や業界用語は少ないほうがユーザーにわかりやすいですが、すでに知識を知っているユーザーに対しては、専門用語のほうがわかりやすいため、ユーザーのレベルに合った言葉を使いましょう。

無駄な文字を削って内容をまとめる

タイトルの文字数は28文字と少ないため、無駄な文字を削って情報の密度を高める工夫が欠かせません。たった28文字で記事の内容やメリット、魅力を伝えなければならないため、無駄な文字はできるだけ削りましょう。

例えば、「ケーキってどう作るの?初心者が知っておきたいやり方」よりも、「【初心者向け】ケーキ作りが簡単にできる5つの方法を解説!」のほうが、よりわかりやすくないでしょうか?

タイトルに、「初心者」「ケーキ作り」「簡単」「方法」の4つのキーワードを含め、情報の密度を高めると、ユーザーがタイトルを見ただけで内容を理解できます。

ユーザーの検索ニーズを満たす

ユーザーにクリックしてもらうためには、記事の内容だけではなく、タイトルでも検索ニーズを満たさなくてはなりません。

ユーザーが求める情報を盛り込んだ記事でも、クリックされなければ読んでもらえませんので、ユーザーがクリックしたくなるように、検索ニーズを満たすタイトル作りを心がけましょう。

インパクトのあるタイトルを付ける

Googleの検索画面には、10を超える記事が並んでいます。その中でユーザーにクリックされるには、インパクトが大事です。

「絶対」「必見」「秘訣」「~すぎる」などのワードを入れて、ユーザーに「どんな内容なんだろう?」「読んでみたい!」と思わせましょう。ただし、インパクトを意識すぎて誇張してしまうと、タイトルと内容が一致しなくなってしまいますので、ご注意ください。

タイトルで役に立つ記事だとわからせる

検索画面に並ぶ数多くの記事の中から選んでもらうには、タイトルで役に立つ記事、有益な記事であることをユーザーにわかってもらわなければなりません。

タイトルを付ける際には、インパクトのある言葉を入れる工夫も必要ですが、検索結果の上位表示されている記事のタイトルを参考にすることもおすすめです。

多くのユーザーが、「役に立つ」「有益だ」と感じた記事が、検索結果の上位に表示されているため、記事のタイトルを参考にすることで効果的なタイトルを付けられます。

タイトルにカタカナを入れる

漢字ばかりのタイトルでは堅苦しい印象を与えてしまうため、タイトルにカタカナを入れて親しみやすくしましょう。

意図的にカタカナを入れることで見た目に抜け感が出て、読みやすさがアップします。

タイトルを付ける際の注意点

スマートフォンをクリックするイラスト

記事のタイトルを付ける際には、いくつかの注意点があります。

誇張しすぎない

タイトルはユーザーの興味を引くことが重要ですが、内容を誇張しすぎたタイトルは避けましょう。

タイトルにひかれて多くのユーザーが記事を読んでも、内容がタイトルに見合っていないとWebサイトの信頼を失ってしまいます。

やりすぎない

興味を引くタイトルを付けるには数字やカタカナを入れるなど、様々なテクニックがあります。

ただし、記事の一覧が同じようなタイトルだとユーザーがうんざりして興味を失ってしまうため、全体のバランスを見ながらタイトルを付けましょう。

同じキーワードを入れすぎない

タイトルで同じキーワードを繰り返して使うと、スパムと間違えられる可能性があります。

キーワードを入れすぎると、タイトルが不自然になることもあるため、同じキーワードの使用は多くても2回程度にとどめましょう。

同じタイトルを付けない

同じタイトルの記事がいくつもあると記事同士が競合してしまうため、それぞれのページに固有のタイトルを付けましょう。

すでに同じタイトルの記事がある場合は、タイトルの変更や不要な記事の削除が必要です。

まとめ

より多くのユーザーに記事を読んでもらうためには、ユーザーが思わず読みたくなるような、魅力あふれるタイトルを付けることが重要です。

タイトル次第でユーザーが増える可能性もありますので、コツや注意点を意識しながら、適切なタイトルを付けましょう。

GMOソリューションパートナー株式会社では、キーワード選定から内部SEO対策、コンテンツのご提供までをトータルでサポートしています。

2022年にはクラウド型の順位チェックツールもリリースいたしました。一人でも多くの方に喜んでいただけるよう今後も精進してまいりますため、何かお悩みがあればお気軽にお問い合わせください。

【コピーライティングの法則と基礎】人を動かす文章作成のための法則まとめ

【コピーライティングの法則と基礎】人を動かす文章作成のための法則まとめ

コピーライティングについて検索すると「PASONAの法則」「PREP法」「AIDMA」「AISAS」など、多くの専門用語が目に飛び込んできます。ここでは、コピーライティングの法則や用語を体系的に整理・解説し、その活用方法について基礎知識を交えながら解説していきます。

SEO対策をお考えの方必見!コンテンツ作成の流れと上位表示を意識した文章の書き方

SEO対策をお考えの方必見!コンテンツ作成の流れと上位表示を意識した文章の書き方

SEO対策では高品質なコンテンツ作りが重要ですが、どのように作成すればいいのかわからない方も多いでしょう。SEO対策を始める方に参考にしていただきたい「コンテンツ作成の流れ」と「上位表示を意識したタイトル・記事の書き方」を解説します。

\GMO順位チェッカーでSEO対策!/

    お問い合わせフォーム

    下記フォームよりお問い合わせください

    お名前

    お名前(フリガナ)

    会社名

    会社の所在地

    サイトURL

    メールアドレス

    お電話番号

    現在のご契約状況

    お問い合わせサービス

    お問い合わせ種別

    お問い合わせ内容

    PAGE TOP