「Webライティングに時間がかかる」とお悩みではありませんか?

Webライティングのスピードを上げるには、コツがあります。

ここでは、Webライティングのスピードの目安と遅い方に共通する特徴、スピードを上げる方法をご紹介します。

Webライティングのスピードの目安

ノートパソコンと砂時計

Webライティングのスピードを上げる前に知っておきたいのが、記事を書くスピードの目安です。

記事の内容や専門性によって異なりますが、一般的なWebサイトに掲載する記事の場合、1時間に2,000文字ほど書ければ速いといえます。

これは、記事を書くための情報を収集する時間を含めた場合の目安で、情報収集を含まずに自身の持っている知識だけで書く場合は、1時間に3,000文字ほど書ければ速いほうでしょう。

速く書けば書くほど多くの記事を作成できますが、いくらスピードが速くても品質が落ちてしまっては意味がありませんので、スピードだけを求め過ぎないように注意が必要です。

Webライティングのスピードが遅い人のあるある

Webライティングのスピードが遅くて悩んでいる女性

Webライティングのスピードが遅い人には、共通する特徴があります。

いきなり記事を書き始める

Webライティングのスピードが遅い人の多くが、構成を考えずにいきなり記事を書いています。

骨組みとなる構成がなければ、記事をスムーズに書き進められません。何を書いたらいいのか迷いが生じ、時間がかかってしまいますので、まずは構成から考えることが大切です。

記事作成の手順通りに書いていない

Webライティングで記事を作成するには、適切な手順があります。

何となく書き進めていると、適切な手順で書くよりも、時間がかかってしまうだけではなく、質にもバラつきが出てしまいます。

Webライティングのスピードの遅さが気になったら、まずは自己流の書き方をやめ、適切な手順で書いてみましょう。

知識不足

Webサイトに掲載する記事によって内容や専門性が異なるため、Webライティングでは幅広い知識が求められます。

知識がない状態のまま記事を書き始めてしまうと、ユーザーにうまく伝わらず、読んでもらえないでしょう。検索結果の上位に表示された記事を研究するなどして、知識を深めることが大切です。

経験不足

あまり記事を書いたことがない人と、毎日のように記事を書いている人とでは、記事作成の経験値が大きく異なります。

また、過去に記事を書いていた人でも、書かなくなると感覚を忘れてしまい、スピードも落ちていってしまうものです。

リサーチ不足

Webライティングでは、テーマに沿って記事を書かなくてはなりません。

テーマに関する情報収集をせずにいきなり記事を書いても、ユーザーに何を伝えたらいいのかわからなくなり、時間がかかってしまいます。Webライティングのスピードを上げるためにも、しっかりとリサーチしてから、記事の作成に取りかかりましょう。

集中力が続かない

パソコンやスマホで情報収集しながら記事を作成していると、テーマと関係のない情報を見たり、SNSの通知に気を取られたりして、集中して文章を書けなくなってしまいます。

Webライティングのスピードを上げる方法

キーボードにタイピングをしながら閃くイラスト

Webライティングのスピードを上げるにはコツがあります。

Webライティングの適切な手順を守る

記事を速く書くうえで最も重要なコツが、Webライティングの適切な手順を守ることです。

記事を書く際には、「準備→執筆→編集→装飾」といった手順があるため、手順通りに進めましょう。

手順通りに進めることは遠回りに感じるかもしれませんが、工程を1つずつ完了させることで、何となく書き進めるよりも結果的に早く書けます。

構成を考える

十分にリサーチできたら、記事の骨組みとなる構成を考え、タイトルと見出しを作ります。

タイトルを決めておくと記事の軸が明確になるため、記事をまとめやすくなります。キーワードの答えが結論となりますので、結論から逆算して見出しを作ってみてください。

テーマに関するリサーチをする

執筆の前の準備では、テーマに関するリサーチから始めましょう。対策したいキーワードで検索をかけ、検索結果の上位から順にチェックし、テーマに必要な情報を収集します。

また、情報は1つのサイトからではなく、様々なサイトから集めることで、余すことなく必要な情報を集められます。

リサーチに時間をかけすぎない

Webライティングのスピードを上げるにはリサーチが重要ですが、時間のかけすぎに注意が必要です。

リサーチに時間をかけすぎるのは、収集した情報に対して自信がないからです。嘘の情報を書いてしまうと炎上してしまう可能性もあるため、情報の信ぴょう性には気をつける必要がありますが、そこを見極められれば時間短縮につながります。

「このサイトを運営している会社はきちんとしたところか」、「他のサイトと違うことをいっていないか」など、情報の信ぴょう性をクリアする基準を設けましょう。

参考にするWebサイトや資料をある程度用意しておく

準備の段階で、執筆の際に参考にするWebサイトや資料をある程度用意しておくことをおすすめします。

記事を書きながら探すとなると時間がかかってしまい、効率が悪くなってしまいます。

参考にするWebサイトや資料は、いつでも確認できるように手もとに準備しましょう。

とくに、重要なポイントがある場合は、箇条書きでメモしておくと作業がはかどり、記事を書くスピードも上がります。

記事作成に集中できる環境を作る

Webライティングのスピードを上げるためには、記事作成に集中できる環境作りが欠かせません。

テレビを消す、スマホを遠くに置くなど、集中力が途切れる要因をできるだけ取り除きましょう。

集中力を身につける

Webライティングのスピードを上げるためには、集中力も必要です。集中力が持続できないと手が止まってしまい、文章を書くスピードが遅くなってしまいます。

集中力を上げるには、集中できる場所を見つける以外にも定期的に休憩したり、軽く運動したりするなどの方法を取り入れましょう。

集中力が下がってきたと感じたら、可能であれば執筆する場所を変え、休憩や運動を挟んで気分をリフレッシュさせることをおすすめします。

文章作成の型にあてはめて執筆する

Webサイトに掲載する記事にはわかりやすさが求められるため、わかりやすい文章の型である「PREP法」にあてはめて記事を書きましょう。

PREP法では、Point(要点・結論)→Reason(理由)→Example(具体例)→Point(要点・結論)」という、流れに沿って文章を書きます。

PREP法はわかりやすい構造で初心者でも習得しやすいため、PREP法の型にあてはめるだけで誰でもわかりやすい記事をスムーズに書けるようになります。

Webライティングでお悩みの方必見!わかりやすく伝えるコツと基本の文章構成パターン

Webライティングでお悩みの方必見!わかりやすく伝えるコツと基本の文章構成パターン

「わかりやすい文章の書き方がわからない」とお悩みではありませんか?Webライティングでわかりやすい文章を書くには、テクニックとコツを身につける必要があります。ここでは、わかりやすく伝えるコツと基本の文章構成パターンをご紹介します。

ショートカットキーや単語登録を活用する

ショートカットキーや単語登録などのツールを活用することでも、Webライティングのスピードを上げられます。

ショートカットキーとは、キーボードを使ってパソコンを操作する機能で、有名なものでは「コピペ」と呼ばれている、単語のコピー&ペースト機能があります。文章を書く作業は主にキーボードを使うため、ちょっとした操作でマウスを使っていると、余計な時間がかかってしまいます。

よく行う作業は、ショートカットキーを使いましょう。また、よく使う単語は単語登録をして、すぐに変換できるようにすると、文章を書くスピードが上がります。

便利なショートカットキー

コピーCtrl + c
切り取りCtrl + x
貼り付けCtrl + v
全選択Ctrl + a
ひとつ前に戻るCtrl + z
ひとつ後に進むCtrl + y
保存Ctrl + s
全角カタカナF7
半角カタカナF8
全角アルファベットF9
半角アルファベットF10

3ステップで簡単!単語登録のやり方

Webライティングでお悩みの方必見!わかりやすく伝えるコツと基本の文章構成パターン

1. 通常パソコンの下部にあるタスクバーの右側に出ている「あ」もしくは「A」右クリック

Webライティングでお悩みの方必見!わかりやすく伝えるコツと基本の文章構成パターン

2. 「単語の追加」をクリック。

Webライティングでお悩みの方必見!わかりやすく伝えるコツと基本の文章構成パターン

3. ダイアログボックスが出てきますので、「単語」の枠に登録したい単語を入力、「よみ」の枠に読み仮名を入力して「登録」をクリック。

便利な活用方法の例

よみ単語
かぶ株式会社
うぇWebライティング
ぐーGoogleアナリティクス
Googleサーチコンソール

まとめ

Webライティングで速く書くためには、できるだけ手を止めないように事前にしっかりと準備をしておきましょう。

テーマに関するリサーチや構成を考えるなどの事前準備をしておけばスムーズに書き進められるため、Webライティングのスピードも上がります。

▼この記事を読んだ人におすすめ

集客につながる文章力を身につけよう!文章力がない人の特徴と文章力アップのトレーニング方法

集客につながる文章力を身につけよう!文章力がない人の特徴と文章力アップのトレーニング方法

文章力は集客にも影響を与えるものです。ここでは、SEO対策に取り組む前にぜひ知っておきたい、文章力がない人の特徴と、文章力を向上させるトレーニング方法をご紹介します。

GMOソリューションパートナー株式会社では、キーワード選定から内部SEO対策、コンテンツのご提供までをトータルサポートしています。

このサイトでは、Webライティングでお悩みの方に向けて、当社が積み上げてきたWeb集客のノウハウを惜しみなくお伝えしていきますので、気になった方はぜひお気に入り登録よろしくお願いいたします。

当社サービスやツールに関するお問い合わせは下記フォームより承っていますので、気になる点があれば気軽にご連絡ください。

\GMO順位チェッカーでSEO対策!/

    お問い合わせフォーム

    下記フォームよりお問い合わせください

    お名前

    お名前(フリガナ)

    会社名

    会社の所在地

    サイトURL

    メールアドレス

    お電話番号

    現在のご契約状況

    お問い合わせサービス

    お問い合わせ種別

    お問い合わせ内容

    PAGE TOP