「セールスライティングとコピーライティングの違いがわからない」とお悩みではありませんか?

ここでは、集客に役立つセールスライティングとはどのようなものなのか、セールスライティングが役立つシーンや重要性をご紹介します。

セールスライティングとは?

セールスライティングとは?

セールスライティングとはその名のとおり、商品やサービスを「購入」、「利用してもらう」ことを目的として文章を作成することです。

「購入」、「利用」以外にも、「お問い合わせ」や「予約」、「資料請求」など、ユーザーの行動を促す文章の作成もセールスライティングに含まれます。

セールスのために作成する文章は、もともとチラシやダイレクトメールなどの紙媒体で使用されていました。

近頃では、パソコンやスマホの普及により、Web上で商品やサービスを購入・利用する方が増えたため、Web上でのセールスライティングの重要性が高まっています。

そんなセールスライティングと混同してしまうことが多いのが、「コピーライティング」です。

商品やサービスの販売行動を促すことが目的のセールスライティングに対し、コピーライティングはユーザーの心理を刺激して、商品やサービスを印象付けることが目的です。

コピーライティングには、販売に直結しない文章の作成も含まれますが、セールスライティングは販売するための文章の作成に特化しています。

セールスライティングとコピーライティングには、ユーザーの販売行動を促すかどうかの違いがあります。

【コピーライティングの法則と基礎】人を動かす文章作成のための法則まとめ

【コピーライティングの法則と基礎】人を動かす文章作成のための法則まとめ

コピーライティングの法則や用語を体系的に整理・解説し、その活用方法について基礎知識を交えながら解説していきます。

セールスライティングが役立つシーン

タイピングのイラスト

セールスライティングはあらゆるシーンで役立ちますが、とくに重要とされるシーンをご紹介します。

  • ホームページ・ランディングページ

    ホームページやランディングページでは、商品の購入や資料請求など、売上に直結する行動をとるように、セールスライティングでユーザーを促します。

  • ECサイト

    ECサイトの商品ページは商品の特徴や機能を伝えるだけではなく、商品をカートに入れさせることを目的にしているため、セールスライティングで競合他社と差別化を図ります。

  • メルマガ・公式LINE

    メルマガや公式LINEはホームページとは異なり、すでに商品やサービスに興味をもっている方に直接メッセージを届けられます。

    セールスライティングを活用することで、商品やサービスの購入につなげられます。メルマガの内容を読んでもらうには、件名や書き出しが重要です。

    文章を読んだあとに商品やサービスを購入しやすいように、リンクを貼りつけるなどの工夫も欠かせません。

  • ダイレクトメール

    販促活動の主な手法であったチラシや手紙などのダイレクトメールは、現在でも主要ツールとして多くの企業に取り入れられています。

    Web上のページとは異なり、チラシや手紙の紙面には限りがあるため、重要な情報を上手く盛り込む必要があります。また、ダイレクトメールは在宅していることの多い高齢者などが主なターゲットのため、わかりやすさと読みやすさが求められます。

  • プレゼン・スピーチ

    セールスライティングは、プレゼンやスピーチでも大活躍します。

    代表的な例がテレビショッピングで、商品やサービスの販売を目的として視聴者の悩みを明確にしたり、限定訴求をして購入意欲をかき立てたりするなど、セールスライティングのテクニックを駆使して売上につなげています。

  • 動画マーケティング

    YouTubeなどの動画で視聴者の購入意欲を高めるのが、動画マーケティングです。

    動画に文章は必要ないように感じられますが、原稿にセールスライティングのテクニックが活用されています。

  • アフィリエイト記事

    商品やサービスの購入を目的としているアフィリエイト記事にも、セールスライティングが欠かせません。

    アフィリエイト記事は他のシーンと異なり、露骨に商品やサービスをアピールすることはNGのため、文章を書くときには「さり気なさ」を意識しましょう。

セールスライティングの重要性

スマホを操作する手元

ホームページやランディングページなどの多くのシーンで、なぜセールスライティングが必要なのでしょうか?

商品やサービスの購入に限らず、資料請求や問い合わせを促す場合でも、ありきたりな文章ではユーザーは狙いどおりの行動をしてくれません。ユーザーが行動に移さない理由は、文章を読んでいないからです。

自分でお金を出して購入した本は最後までじっくりと読みますが、ポストに入っているチラシは目もくれずに捨ててしまうという方がほとんどではないでしょうか。

ユーザーに行動してもらうためには、ただ商品やサービスの魅力を伝えるのではなく、商品やサービスの必要性と根拠を、セールスライティングでわかりやすく伝える必要があります。

セールスライティングのテクニックでユーザーに興味を持たせ、根拠を示してユーザーと信頼関係を結び、最終的にユーザーの背中を押すことで狙いどおりの行動を促せます。

ユーザーの行動を加速させるためにも、セールスライティングが非常に重要です。

Web上で商品やサービスの購入、資料請求などをする機会が多くなった昨今、企業間の競争は今後もますます激しくなると予想されます。セールスライティングを上手く活用しましょう。

セールスライティングのコツ

セールスライティングのポイント

ユーザーに狙い通りの行動を促すセールスライティングには、主に7つのコツがあります。

  • 3つの壁を意識する

    ユーザーが商品やサービスを購入するのは、「読まない」「信じない」「行動しない」の、3つの心理障壁を超えたときです。

    ユーザーは興味のないものは読まず、根拠や説明が不足しているものは信じません。また、最後のひと押しがないと行動しないため、セールスライティングでは3つの壁を超えてもらう工夫が必要です。

  • ベネフィットを伝える

    商品やサービスには機能や価格以外にも、商品やサービスを利用して得られる効果のベネフィットがあり、セールスライティングではベネフィットの提示が必要です。

    例えば、同じ住宅を買いたい方の中でも、「タワーマンションを買いたい方」と「一戸建てを買いたい方」では求めるベネフィットが異なります。

    タワーマンションを買いたい方は、タワーマンションに住むことで得られる社会的なステータスや駅近、充実した施設などの利便性などを求めています。一方、戸建てを買いたい方は、自由な家づくりやプライバシーの確保などを求めています。

    同じ住宅でも、タワーマンションと戸建てでは求めるものが異なるため、文章の内容もまったく異なります。

    商品やサービスの説明をする際には、商品やサービスを利用することで将来的にどのような効果を得られるのかを、セールスライティングでユーザーにイメージさせることが大切です。

  • メリットだけではなくデメリットも伝える

    人間とは不思議なものでメリットばかりを聞いていると、かえって疑ってしまう傾向があります。

    セールスライティングでは人間の疑い深い性質を生かし、メリットばかりを伝えるのではなく、デメリットも伝えましょう。デメリットに加えて対処法も書いておけば、信頼性をより高められます。

  • ユーザーに取って欲しい行動を示す

    セールスライティングでは、ユーザーに取って欲しい行動を具体的に示すことも大切です。

    例えば、「下記フォームにご住所・お名前・メールアドレスに記入していただき、送信ボタンを押してください。」など、わかりやく示すことでユーザーが行動に移しやすくなります。

  • ヘッドラインを魅力的にする

    ヘッドラインとは、メルマガの件名やランディングページのキャッチコピーなど、媒体の中で最も目立つ文章のことです。

    どんなにいい文書を作成しても、ヘッドラインが魅力的でなければユーザーの興味をひけず、内容を読んでもらえません。セールスライティングでは文章だけではなく、ヘッドラインも意識しましょう。

  • 大事なことは初めに伝える

    セールスライティングでは、大事なことやお得な情報はできるだけ早く伝えることが効果的です。

    大事なことが最後にある場合、途中で魅力がないと判断されていまい、ユーザーが離脱する可能性があり、せっかくの大事なことやお得な情報が伝えられなくなってしまいます。

    ユーザーの興味をひくためには、大事なことやお得な情報を出し惜しみせず最初に伝えましょう。

  • 緊急性を伝える

    「先着100名様限定」、「セール終了まで残り3日」、「本日だけの限定価格」など、人数・数量・期間を限定して緊急性を出すことで、効果につなげられます。

まとめ

セールスライティングとは、商品の購入やサービスの利用など、ユーザーに行動させることを目的に文章を作成することです。

一見難しく感じられますが、コツをつかめば魅力的な文章を作成できます。文章を作成する際は、ユーザーに行動してもらえるよう工夫してみてください。

GMOソリューションパートナー株式会社は、SEO対策などのウェブ集客支援サービスを提供しています。

20,000社を超えるサイト分析から得た圧倒的なノウハウで、事業主の皆さまが抱える問題をサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

\GMO順位チェッカーでSEO対策!/

    お問い合わせフォーム

    下記フォームよりお問い合わせください

    お名前

    お名前(フリガナ)

    会社名

    会社の所在地

    サイトURL

    メールアドレス

    お電話番号

    現在のご契約状況

    お問い合わせサービス

    お問い合わせ種別

    お問い合わせ内容

    PAGE TOP