導入しただけで満足していませんか?Googleアナリティクス初心者がまず見るべきポイント

「Googleアナリティクスを導入したけど、何をしたらいいのかわからない」とお悩みではありませんか?

ここでは、Googleアナリティクスが必要な理由や、Googleアナリティクスで見るべきポイントを、わかりやすくご紹介します。

そもそもGoogleアナリティクスって必要?

はてなを浮かべる男性

GoogleアナリティクスはWebサイトの改善に大いに役立つツールですが、そもそもなぜ必要なのでしょうか?初心者の方にもわかりやすいよう、Webサイトをスーパーに例えて解説します。

あなたがスーパーの経営者とした場合、誰が来たのか、どこから来たのか、何を購入したのか、どのぐらい購入したのかなど、様々な情報が気になるかと思います。これらの情報がわからないと、ターゲットとなる層や売れ筋商品などが把握できないため、手探りで運営しなければなりません。Googleアナリティクスなら、Webサイトのこれらの情報がすべてわかるため、改善点や効率的な訴求方法が見えやすくなります。つまり、Webサイトを運営するうえでGoogleアナリティクスは、非常に重要といえるのです。

Webサイトを訪問したユーザーが、新規ユーザーかリピーターかどうか、どこの町や国から来ているのか、どこを経由して来ているのかなどがわかります。また、どのページがよく見られているのか、目標を達成しているのかなどの情報もわかります。

GoogleアナリティクスでWebサイトのアクセス解析をしないことは、地図やコンパスを持たずに山を登るようなものです。収集したデータを何も見ないと、Webサイトの運営も上手くいきません。まずは、Googleアナリティクスでアクセス解析して、現在の状況を把握し、課題を見定めることが重要です。

Googleアナリティクスとは?概要から設定方法までわかりやすく解説!

Googleアナリティクスとは?概要から設定方法までわかりやすく解説!

アクセス解析ツールのGoogleアナリティクスを導入したいけれど、設定方法や利用方法がわからないという方も多いかと思います。ここでは、Webサイトの改善に役立つ、Googleアナリティクスでわかることと設定方法、用語をご紹介します。

まずはどれぐらい自社のWebサイトが見られているのかを確認してみよう!

パソコンと虫眼鏡

自社のWebサイトがどれぐらい見られているのかは、全体のアクセス数を確認すればわかります。Googleアナリティクスを用いて、セッション数・ユーザー数・ページビュー数・平均セッション時間・直帰率を確認し、アクセス状況を把握しましょう。

  • セッション数

    「訪問数」や「アクセス数」とも呼ばれるのが、セッション数です。例えば、1人がWebサイトを3回訪れた場合には、「ユーザー数:1、セッション数:3」とカウントされます。Googleアナリティクスでは、30分以内の訪問は1回として数えるため、10時にアクセスしたユーザーが、10時29分に再度アクセスした場合は1セッション、10時30分に再度アクセスした場合は2セッションとなります。

  • ユーザー数

    ユーザー数とは、指定した期間内にWebサイトを訪れた人数を指します。初めてWebサイトを訪れた場合は「新規ユーザー」、指定期間の前に訪れたことがある場合は「リピーター」となります。なお、ユーザー数はブラウザやデバイスが異なると“別ユーザー”としてカウントされます。例えば、同一人物がPCとスマホでWebサイトを訪れた場合、ユーザー数は「2」になります。

  • ページビュー数

    ユーザーに見られたページの数がページビュー数です。ブラウザにページが読み込まれたタイミングでカウントされます。例えば、1人がWebサイト訪れて3ページを見た場合には、「ユーザー数:1、ページビュー数:3」とカウントされます。

  • 平均セッション時間

    ユーザーのWebサイト内での平均滞在時間が平均セッション時間です。指定期間内のすべてのセッションの滞在時間の合計を、総セッション数で割って算出します。平均セッション時間を確認することで、1回の訪問につき、平均でどれだけの時間滞在しているのかがわかります。

Webマーケティング基礎編~滞在時間を伸ばそう~

Webマーケティング基礎編~滞在時間を伸ばそう~

質の良いサイト制作に重要な、ユーザーの興味レベルを把握する一つの視点と言える[滞在時間]を伸ばす方法をご紹介します!

  • 直帰率

    直帰率とは、ユーザーがアクセスした最初のページだけを見て、Webサイトを離脱した割合です。直帰率が高い場合には、ユーザーのニーズとページの内容が合っていなかったり、ページの読み込み速度が遅かったりするなど、様々な原因が考えられます。直帰率が高い場合は、Webサイトの改善が必要です。

Webマーケティング基礎編~直帰率って?~

Webマーケティング基礎編~直帰率って?~

WEBを運営している多くの方が気になる、直帰率の厳密な定義や算出方法、直帰率の改善方法などご紹介します!

次にどこからWebサイトにたどり着いたのか確認してみよう!

タブレットを触る男性

自社のWebサイトがどれぐらい見られているのかを確認できたら、次に、どこからたどり着いたのか、最初にどこを見たのかを確認してみましょう。ユーザーがどこから来たのかは流入元、最初にどこを見たのかはランディングページでわかります。

流入元とは

自社のWebサイトを訪れたユーザーが、直前に見ていたページが流入元です。
Webサイトを訪れるユーザーのほとんどがGoogleなどの検索エンジンや他サイトのリンク、SNSなどを経由しています。どこからWebサイトにたどり着いたのか、どこのリンクで集客できるのかなどの確認ができます。

流入元が重要な理由は、どこからWebサイトにたどり着いたのかを把握することで、アクセス増加を目的に行った施策の効果を検証できるからです。同じWebサイトでも、広告経由のユーザーと検索エンジン経由のユーザーではニーズが大きく異なります。ユーザーのニーズを満たす内容や構成のコンテンツを作るためにも、流入元の把握が重要です。

流入元の種類

流入元には様々な種類があります。

  • Organic Search(オーガニックサーチ)

    自然検索ともいわれるOrganic Searchは、Googleなどの検索エンジンを経由して、検索結果画面から流入したことを指します。

  • Social(ソーシャル)

    FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSからの流入がSocialです。

  • Referral(リファラル)

    Referralとは、他のWebサイト経由の流入です。自社のWebサイトが、ニュースサイトや個人のブログなどで紹介され、紹介リンクをたどってユーザーが流入するのが主なケースです。

  • Direct(ダイレクト)

    メールのリンクやブラウザのブックマークなど、Webサイトへの直接的な流入がDirectです。どこから流入したかわからないユーザーも、Directに分類されます。

  • Paid Search(ペイドサーチ)

    Paid Searchは、リスティング広告からの流入を指します。

  • Display(ディスプレイ)

    ディスプレイ広告からの流入がDisplayです。

ランディングページとは

検索エンジンの検索結果や、広告などを経由してユーザーがWebサイトを訪れ、最初に見たページがランディングページです。ランディングページはWebサイトの印象を左右するため、非常に重要です。

ユーザーを他のページにうまく誘導できれば、より多くの情報を提供できますが、ユーザーの求める情報がない場合には、すぐに離脱されてしまいます。ランディングページを分析し、ユーザーのニーズを満たすコンテンツ作りや、スムーズな導線作りに役立てましょう。

どのデバイスで見られているかも要チェック!

パソコンとタブレットとスマホ

Googleアナリティクスを使うと、パソコンやスマホ、タブレットなど、ユーザーがどのデバイスを使ってWebサイトを見ているのかもわかります。

デバイスの確認が必要な理由

PCサイトとスマホサイトでは、見え方が大きく異なります。そのため、どのデバイスで見られているかは把握しておく必要があるのです。例えば、スマホの割合が高いのに、PCのデザインばかりを修正していては意味がありません。ユーザーの利便性が高いWebサイトを作ってSEOの評価を上げるためにも、デバイスはしっかりと確認しておきましょう。

デバイスの確認方法

【オーディエンス→モバイル→概要】と進むと、サイト全体のサマリーを、デバイス別に確認できます。「desktop」はパソコン、「mobile」はスマホ、「tablet」はタブレットを表しています。

こんなこともGoogleアナリティクスでわかる!

パソコンを打つ人

Googleアナリティクスでは、Webサイトを訪れたユーザーの属性もわかります。

Googleアナリティクスでわかるユーザーの属性

  • 年齢層と性別

    ユーザーに最適なコンテンツを作るためには、どのようなユーザーがWebサイトを訪れているのかの確認が欠かせません。【ユーザー→ユーザー属性→概要】と進むと、Webサイトを訪れたユーザーの年齢層と性別の平均を確認できます。年齢層と性別がわかると、ターゲットとなるユーザーを集客できているのか、Webサイトの雰囲気や内容があっているのかなどを確認できるため、Webサイトやコンテンツの改善に役立ちます。

  • 地域

    【ユーザー→地域→地域】と進むと、Webサイトを訪れたユーザーの地域が、世界地図上に表示されます。アクセスが多い国ほど青色が濃くなります。また、世界地図の下にある国別のセッション数では、国・市区町村・大陸・亜大陸の4つを表示できます。

まとめ

現在Googleアナリティクスは「UA(ユニバーサルアナリティクス)」と「GA4」の2つがありますが、「UA」は2023年7月1日にサポートを終了すると発表されました。UAのデータはGA4に引き継ぐことができないため、GA4の導入がまだの方は早めに導入をご検討ください。

GMOソリューションパートナー株式会社では、2022年11月にGA4のオンラインセミナーを開催いたします。これまでとの違いや切り替え方法をわかりやすく解説しますので、GA4未導入の方や興味のある方はぜひお申し込みください。

\GMO順位チェッカーでSEO対策!/

    お問い合わせフォーム

    下記フォームよりお問い合わせください

    お名前

    お名前(フリガナ)

    会社名

    会社の所在地

    サイトURL

    メールアドレス

    お電話番号

    現在のご契約状況

    お問い合わせサービス

    お問い合わせ種別

    お問い合わせ内容

    PAGE TOP