「GA4で何を見たらいいのかわからない」とお悩みではありませんか?

ここでは、GA4のレポートの種類や指標など、Webサイトを分析する前に知っておきたい基本について、初心者の方にもわかりやすくご紹介します。

サイト分析の前に理解しておきたい基本

虫眼鏡でグラフを見る女性のイラスト

GA4を使ってWebサイトを分析する前に、まずはサイト分析を行ううえで押さえておきたい、3つのポイントを確認しておきましょう。

GA4を使う前に目的を定義する

Webサイトを分析する前に必要なのが、目的の定義です。

目的や目標を定めないと、何のためにサイト分析を行っているのかわからないため、ただ結果を眺めるだけになってしまい、せっかく導入したGA4を活用できません。

「なぜ分析するのか」という目的を設定し、「なぜこのような結果になったのか」という要因を考え、「なぜ変えるのか」という行動理由を見直さないと、Webサイトは改善できません。

まずは目的や目標を定めることから始めましょう。

GA4の利用規約をよく読む

GA4だけに限ったことではありませんが、サイト分析のためのツールを導入する際には、必ず利用規約を読みましょう

利用規約はルールブックですので、しっかりと読まなければ、正しく使えません。GA4を使う前に、ぜひ目を通しておくことをおすすめします。

GA4とUAの違いを把握する

サイト分析でUAを使っている場合は、GA4とUAの違いを把握することも重要です。

GA4とUAは、まったく別物といっても過言ではありません。UAでは「ページビュー単位」だった計測方式が、GA4では「イベント単位」になりました。

また、関係者と共有することが多いレポートも、表やグラフの表示などに大きな違いがあります。

GA4とUAには様々な違いがあり、GA4を使いこなすには学び直しが必要ですので、GA4とUAにどのような違いがあるのか、注意しながら確認しましょう。

GA4ではイベントでの計測がメインに!そもそもイベントとは?

グラフを見る男女のイラスト

様々な違いのあるGA4とUAですが、大きな違いの1つがデータの計測方式です。

UAでは「ページビュー単位」だった計測方式が、GA4では「イベント単位」になりました。そもそもイベントとは、どのようなものなのでしょうか?

イベントとは

GA4のイベントとは、「ページの遷移を伴わない計測」を指しています。

ページの遷移を伴わない計測とは、Webページの読み込みと関係なく測定できる、ユーザー行動のことです。

イベントで計測する理由

アクセス解析の役割は、Webサイトを訪れたユーザーが、どのような行動をしているかの「計測」「分析」です。

ユーザー行動とは、「会社概要のページから求人のページに進んだ」、「商品の購入ページに進んだけれど、個人情報の入力フォームで離脱した」といった、ページの遷移のことです。

しかし、実際にはWebサイトを訪れたユーザーの行動は、ページの遷移だけではわかりません。 例えば、商品の取扱説明書をダウンロードした場合、ユーザーがダウンロードのボタンをクリックした行動は、ページの遷移を伴わないため、ページビューでは記録されませんでした。

一方、ページの遷移を伴わないイベントであれば、ボタンのクリックなども計測可能となり、ユーザーのくわしい行動を把握できます。

UAがリリースされた当時と現在では、Webサイトの実情も変わっています。 ユーザーはページの遷移を伴うことなく、Webサイトを訪れた目的を達成できるようになったため、Webサイトの現状に合わせたGA4がリリースされました。

UAでもイベントを設定すれば、クリック数などを計測できましたが、GA4ではイベントで計測するため、細かな設定をすることなく自動で計測してくれます。 GA4では、現在のWebサイトの実情に合わせて、ほとんどのイベントが計測できますので、ユーザーの行動をしっかりと把握して、Webサイトの改善に役立てましょう。

GA4のレポートは大きく2種類ある!

円グラフを操作する女性のイラスト

GA4のレポートには、「レポート」「データ探索」の2種類がありますので、それぞれの特徴を確認しておきましょう。

レポート

GA4が提供する定型のフォーマットである「レポート」では、「レポートのスナップショット」「リアルタイム」「ユーザー」「ライフサイクル」の4項目を確認できます。

基本的な指標とディメンションが確認できるため、Webサイト全体の状況の把握に適しています。

データ探索

指標とディメンションを自由に組み換えてレポートを作成できるのが、「データ探索」です。

データ探索ではUAの「カスタムレポート」のように、自由にレポートが作れます。

レポートでは確認できない、詳細なデータを分析したい時には、データ探索がおすすめです。

「自由形式」「経路データ探索」「ユーザーのライフタイム」など、複数のフォーマットが用意されていますので、分析の目的に合わせて、レポートの形式が選べます。

データ探索を使いこなせれば、強力な分析ツールとして役立ちますが、レポートと比べて自由度が高いため、難易度も高めです。

使いこなすためには、画面の操作方法はもちろん、設定方法もしっかりと理解しておきましょう。

GA4で見ておきたい基本の指標とは?

スマートフォン・バインダー・ノートパソコン

GA4のレポートのどこを見ていいのかわからない場合は、基本の指標を確認しておきましょう。

GA4で見ておきたい基本の指標は、「ユーザー属性」「流入経路」「セッション」「ページのスクロール数」「クロスデバイスユーザー」の5つです。

ユーザーの属性

サイト分析で非常に重要なのが、Webサイトを訪れたユーザーの傾向です。

ユーザーの傾向がわかれば、ターゲット像とのズレがないかの確認や、ユーザーに適したコンテンツ作りができます。

Webサイトを訪れたユーザーがどのような人なのかは、ユーザーの属性で確認できます。「レポート → ユーザー → ユーザー属性 → ユーザー属性の詳細」と進み、ユーザーの国や言語・年代・性別・使用デバイス・OSなどの情報を確認しましょう。

流入経路

Webサイトを訪れたユーザーがどこから来たのかを知ることも、サイト分析では重要です。

ユーザーの流入経路は、「レポート → 集客 → トラフィック獲得」と進むと、画面に表示されます。

流入経路には、自然検索による流入「organic」、リンクからの流入「referral」、ディスプレイ広告からの流入「display」、Twitterからの流入「t.co」などがあります。

セッション

GA4とUAではセッションの定義が異なるため、注意が必要です。

「探索」をクリックしたら、「空白」を選択します。

「変数」列の下にある「ディメンション」「指標」「+」をクリックし、選択画面から「ランディングページ」「セッション」を、検索・選択して保存します。

変数列に追加されてから、「ランディングページ → セッション」の順にダブルクリックすると、URL単位のセッション確認表が表示されます。

ページのスクロール数

「レポート → エンゲージメント → ページとスクリーン」と進むと画面が表示され、「ユニークユーザーのスクロール数」を確認できます。

他にも、「レポート → エンゲージメント → イベント」と進み、イベント名「Scroll」でも、ページのスクロール数の確認ができます。

クロスデバイスユーザー

クロスデバイスとは、同一ユーザーがパソコンやスマホなどの複数のデバイスを使った際に、訪れたWebサイトの情報が引き継がれることです。

多くのユーザーが、パソコンとスマホといった複数のデバイスを使って、Webサイトにアクセスしているため、サイト分析ではクロスデバイスユーザーの確認も欠かせません。

「レポート → 探索 → テンプレートギャラリー → セグメントの重複」と進むと、クロスデバイスユーザーを確認できます。

デフォルトは、「モバイルトラフィック」「タブレットトラフィック」「年齢:25-54歳」となっていますので、取得したいデータの条件に合わせて設定しましょう。

分析に欠かせないGA4コンバージョン設定のやり方を初心者にもわかりやすく解説

ノートパソコンと3人の男性の紫配色イラスト

サイト分析を行ってWebサイトの改善に結びつけるためには、コンバージョンの設定が欠かせません。

GA4のコンバージョン設定のやり方を、初心者にもわかりやすく解説します。

Step1イベントを作成する

まずは、コンバージョンとする行動を、「イベント」に設定します。

「設定 → イベント」と進み、「イベント作成」をクリックします。

カスタムイベントの「作成」をクリックしたら、情報の入力画面が表示されますので、あらかじめ決めたコンバージョンの条件を入力します。

「カスタムイベント名」にコンバージョンの名前、「一致する条件」にコンバージョンの条件を設定したら、「パラメータ設定」にチェックを入れます。

Step2イベントをコンバージョンとして登録する

イベントが作成できたら、反映されていることを確認しましょう。

「全てのイベント」の中に作成したイベントが表示されたら、「コンバージョンとしてマークを付ける」をオンにすると、コンバージョンの計測が始まります。

まとめ

せっかくGA4を導入しても、レポートをただ眺めているだけでは意味がありません。

「何を見たらいいのかわからない」場合は、GA4のレポートの種類や指標など、Webサイトの分析に必要な基礎知識をまずは学んでみましょう

【2022年版】初心者がGoogleアナリティクスでデータを見る前に押さえておきたい用語

【2022年版】初心者がGoogleアナリティクスでデータを見る前に押さえておきたい用語

こちらのページではGoogleアナリティクスに関する用語をまとめました。Webサイト改善や分析に欠かせないツールですので、初心者の方も基本的な用語を覚えて、Googleアナリティクスを活用していきましょう。

GMOソリューションパートナー株式会社では、SEO対策をはじめとしたWeb集客サービスを提供しています。今後もWeb担当初心者のみなさんに向けて、様々なお役立ち情報をお届けしてまいりますので、ぜひブックマーク登録をお願いします。

SEO対策でお悩みの方は、下記フォームよりお問い合わせください。

\GMO順位チェッカーでSEO対策!/

    お問い合わせフォーム

    下記フォームよりお問い合わせください

    お名前

    お名前(フリガナ)

    会社名

    会社の所在地

    サイトURL

    メールアドレス

    お電話番号

    現在のご契約状況

    お問い合わせサービス

    お問い合わせ種別

    お問い合わせ内容

    PAGE TOP