次世代panda こんにちは! 社内でも評判となっております、GMOソリューションパートナー株式会社のWEB改善事例集ブログです。 次世代型のパンダアップデートとは小規模サイトでもコンテンツが良ければ上がりやすくなるタイプのアルゴリズムらしいのです。 パンダアップデートはかつて2011年2月に開始され、定期的に手動でアップデートされ、ネット全体で順位の大変動が繰り返されていました。それが、2013年3月の手動アップデートを最後に、アルゴリズム本体に組み込まれたため、現状パンダアップデートによる大規模順位変動は発生しない状況です。 ところがアメリカ合衆国のカリフォルニア州サンノゼで開かれている「SMX West 2014」というイベントでGoogleのスパムチームのマット・カッツ氏が次世代型のパンダアップデートについて3/13にコメントしたそうです。

次世代型のパンダアップデートの特徴

コメント内容は、新しい次世代型パンダアップデートは、小規模なサイトでも上がりやすくなる影響があるとのことです。

サイトの規模について

現状のアルゴリズムでは、サイトの規模、つまりページ数が多ければ多いほど、上がりやすい傾向が見られます。その傾向はかなり強いものとなります。 同程度の品質ならページ数が多いサイトのほうが、上位表示し易い状況です。 しかし規模が大きくても品質の低いページが含まれていると上位表示しづらくなります。 ページ数だけでなく一つ一つのページ品質も重要となります。

今後の対策として

新世代パンダアップデートはまだ適用されておらず、また適用時期も明らかにされておりません。 もし適用されれば圧倒的に有利だったページ数の多いサイトも、よりよいコンテンツをもつページ数の少ないサイトにランキングを抜かれてしまう危険性が増加するかと思われます。やはり、検索結果の上位表示を目標にするのであれば、サイトのページ数が少なすぎるのは考えものです。 ページ数の多さは上位表示に影響することは継続するかと思われます。 ただし、サイト内のページ数が競合よりも少なかったとしても ある特定のページのコンテンツが優れていれば、上位を狙いやすくなる、そんな時代が来るのかもしれません。 いずれにせよ、上位表示にとってコンテンツが、ますます重要になってくることは確かと言えるようです。
PAGE TOP