前回、Photoshop2022アップデートを紹介させていただきました。

Photoshop2022アップデートで追加された新機能をご紹介!

大幅にリニューアルされたPhotoshop2022アップデートでしたが、新機能への感動やありがたみをより深く感じることが出来るのは、やはり既存のツールを使用しているからこそだと思います。

そこで今回は、初心に帰り、Photoshop2022以前から使用できた、使えると便利な機能について紹介していきます。

この記事で紹介している機能は、作業時間の削減に繋がる機能ばかりです。
ぜひ最後までご覧ください。

機能紹介①:白紙の箱にラッピング合成

皆さんは、自分のデザインを立体に落とし込むとどんな仕上がりになるのだろう、と考えたことはありませんか?

この機能があればパッケージデザインが簡単にできてしまいます!
まず、無地の箱の画像パッケージになる画像を用意します。

手順|たったの10STEPで自然な仕上がりのような合成ができます

※画像が見えにくい時は各画像をクリックしてください。拡大表示されます。

STEP 01

メニューバー>フィルター>消点

STEP 02

新しい画面が出てきます。

STEP 03

側面をクリックすると線が表示され、Aの部分にアンカーポイントが出てきます。

STEP 04

ctrl+Aを押しながらドラッグで残りの側面を設定し、OKを押します。

STEP 05

パッケージになるデザインをコピーします。この際、箱とサイズを合わせておくとスムーズです。

STEP 06

箱の画面に戻り、再度フィルター>消点を開きデザインをペーストします。

STEP 07

コピーしてきたデザインを箱にドロップ。すると、デザインが自動的に箱に張り付きます。

STEP 08

位置を調整したら完了ですが、ここからさらに自然になるよう調整していきます。

STEP 09

もう一枚箱の画像を同じ画面に追加し、パッケージを張り付けた箱にマスクをかけます。

STEP 10

マスクしたレイヤーを乗算にするとより自然な仕上がりになります。

FINISH!!

これで完成です!
うまく出来ましたでしょうか?

CHALLENGE!!

実際に作業してみると意外と簡単にできます!ぜひ挑戦してみてください。

機能紹介②:好みのパターンを自分で作れる!

「素材サイトでパターンを探してみても、なかなか良い画像が見つからない」
「お気に入りの素材でパターンを作りたい」
とお考えの方必見です。

ctrl+T(command+T)で繰り返し何度もコピー&ペーストしてパターンを作っていた時代はもう終わりです!
Photoshopなら、本当に一瞬でパターンを作れます。

これも、ラッピング合成と同じく簡単な方法で出来るのでぜひお試しください。
まずは使いたい素材を用意します。

手順|たった5つのSTEPで好きなパターンをデザインできる!

※画像が見えにくい時は各画像をクリックしてください。拡大表示されます。

STEP 01

1000px × 1000pxの新規ドキュメントを作ります。
正方形であれば任意のサイズで構いません。

STEP 02

メニューバー>表示>パターンプレビュー

STEP 03

ポップアップが表示されますが「OK」を押して大丈夫です。

STEP 04

この正方形の中に素材を配置していきます。

FINISH!!

自動的に周りにも反映されますので、位置を調整したら完成です!

CHALLENGE!!

5つのSTEPで好きなラッピングを作れます。
ぜひ挑戦してみてください。

~応用編~

先ほど紹介したラッピング合成の技とあわせれば、自分で作ったパターンを使ってラッピングをすることも可能です。

皆さんも、デザインからラッピングまでの一連の流れをPhotoshopを使って作ってみましょう!

機能紹介③:映り込んだゴミや不要なものを消そう!

ちょっとした映り込みのせいで写真を撮り直し、もうそんな大変な作業を行う必要ありません!
Photoshopの機能を使えば、すぐに悩みを解決できます。

この作業で使うツールは「パッチツール」「スポット修正ブラシツール」です。
それではより詳しく解説していきます。

手順|パッチツールを駆使して無かったことに!

※画像が見えにくい時は各画像をクリックしてください。拡大表示されます。

STEP 01

パッチツールを選択

STEP 02

消したいものをグルッと1周囲みます!

STEP 03

囲んだ範囲をそのまま綺麗な場所にドラッグ&ドロップします。

STEP 04

繰り返し行います。

FINISH!!

あっという間に綺麗なテーブルになりました。

CHALLENGE!!

囲うだけだからとても簡単!

手順|スポット修正ブラシツールを使えば一瞬で消えます!

※画像が見えにくい時は各画像をクリックしてください。拡大表示されます。

STEP 01

スポット修正ブラシツールを選択

STEP 02

消したいものを塗りつぶします!
対象より大き目に塗りつぶすのがポイント。

STEP 03

繰り返します。

FINISH!!

綺麗なテーブルの完成です!

~応用編~

実はこのパッチツールとスポット修正ブラシツールは「お肌のレタッチ」にも応用することができます。
今回は試しに、「スポット修正ブラシツール」でモデルさんの顔についた赤い点々を消していきます。

ご覧の通り綺麗にレタッチすることができました。
なぞって塗るだけである程度のものなら自然に消してくれますので、ぜひお試しください!

まとめ!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

Photoshopは毎年アップデートを繰り返して進化を続けています。
その度に新機能を試してみたり、既存の機能と掛け合わせてみたりと勉強の連続ですが、それもまたPhotoshopの面白さではないでしょうか。

今回紹介した機能も、Photoshopで出来ることのほんの一部にすぎません。
一気に紹介するのは難しいため、またPhotoshopに関する記事を更新する機会に紹介させていただきます。

その際は、Photoshopを使って下の画像のような「手から火が出る男」を作る方法を解説したいと考えていますので、ぜひご一読ください!

ではさようなら!!

参考動画:YouTube|Nemanja Sekulic|https://www.youtube.com/watch?v=LtQ7QESBqnU

PAGE TOP