みなさま、こんにちは。GMOソリューションパートナー株式会社のWEB改善事例集にて今回ご紹介するのは、SEO対策ツールのご紹介です。 それは、キーワードの出現頻度を計測するウェブ上の無料ツールです。  

キーワード出現頻度解析ツール

https://www.searchengineoptimization.jp/keyword-density-analyzer URLを入力して、実行ボタンをクリックすると、キーワード出現率を調べてくれます。 「HTTPS」の場合は、エラーになりますので、いったん「S」を削除したHTTPから始まるURLで調査しましょう。

ohotuku.jp

http://ohotuku.jp/keyword_ratio/ キーワード出現率を調べてくれるだけでなく、目標出現率まであと何個キーワードを配置すればいいかを調べてくれるツールです。 初期値では、5%がセットされますが、2%や6%など変更することも可能です。      

キーワード出現率はSEOに重要か?

  検索エンジンは、ウェブサイトのページにあるテキスト情報を読み込んで、そのページが何について書かれたページかを判断します。 現在の検索エンジンの性能は高まり、関連語句や類義語、同義語や共起語なども認識してページが何について書かれているか実体を判断できるようになっているます。ですから、かならずしもキーワード頻度は重要ではないという考え方もあります。 しかしながら、キーワードについてしっかりと書かれているページのなかにキーワードは多く配置されるのが通常ではないでしょうか。 ユーザーに検索してほしいキーワードが少ないと、そのキーワードについて書かれたページかどうかを検索エンジンは判断を誤る可能性はゼロではないかと思います。 キーワードが少なすぎることにより、上位表示できないリスクの可能性もあります。 また、キーワードの詰め込み過ぎにも注意するという意味でも、キーワード頻度をチェックするツールは活用する価値があるかと思います。  

まとめ

キーワードが少なすぎるケースや、詰め込みすぎる状況にならないように、キーワード頻度を念のため適切なレベル(2~6%程度)まで適正化し、かつクオリティの高いページ(ユーザーにとって有益な情報があるページ)を作成すればいいかと思います。 ぜひ、キーワード頻度チェックツールを活用して、ウェブサイトのSEOを強化してください。        
PAGE TOP