薬機法をご存知ですか?記事を書く前に見る薬機法の基礎知識

美容や健康に関連する記事を作成する際に、必ず確認しなければいけない法律が薬機法(旧薬事法)です。

ただし、「薬機法について知っていても、訴求力を保ちつつOKとなる表現が見つけられない…」という方も少なくないでしょう。美容や健康に関連するWEBライティングでは、「如何に薬機法や景品表示法に抵触しない範囲で、ユーザーに商品の良さをアピールできるか」が大きな課題となります。

現代は専門のライターでなくてもWEBライティングを行うことが増えていると思います。商品をアピールしたい気持ちが先行してしまい、薬機法(旧薬事法)に抵触してしまうことがないよう、法的リスクを十分に理解して記事作成を進めていきましょう。

  • 薬機法(旧薬事法)を踏まえた記事作成を考えている方
  • 薬機法(旧薬事法)について調べている方

に向けて、まずは薬機法(旧薬事法)の基本と、なぜ注意しなければいけないのかを簡単に分かりやすく解説していきます。

薬機法(旧薬事法)を改めて理解しましょう

正式名称は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」で、「医薬品医療機器等法」とも呼ばれます。医薬品・医薬部外品・薬用化粧品類・医療機器は、人の身体や健康に対して直接的に影響を及ぼす情報だからこそ、誤った情報が流出しないように厳しく規制する必要があるのです。

医薬品や医療機器の安全対策強化・再生医療の実用化促進に向けた承認制度の新設などを目的として、2014年11月25日に薬事法から薬機法に改正されました。

健康食品・サプリメント・飲食品類・一般化粧品類は、医薬品類と同様の効果・効能があると誤認を与えないよう、規制された範囲内で表記しなければいけません。

また、医薬品類であっても定められている基準以外について言及されている場合は、誇大広告として扱われてしまい取り締まりの対象となります。コンテンツ記事を含む、広告全般では、その規制に抵触しないよう問題の無い表現の範囲について十分に把握しておく必要があります。

誇大広告にも注意が必要

インターネットの普及によって多くの情報が発信・閲覧される現代において、「情報の信憑性」を慎重に判断することが重要になりました。虚偽・誇大な表現を用いた情報による被害も増加していることで、WEB上の広告表現についての規制も年々厳しくなっています。競合企業だけでなく消費者の眼もシビアになっていますので、ユーザーの信頼を得るためにも「誇大広告」に対する意識は強化していく必要があります。

SEO対策という観点では非常に有効な手法で構成されている記事であっても、ユーザーにとって良質で有益な情報でなければいけません。意図的・過剰に表現したものでなくても、ユーザーに誤解を与えるような表現はNGとなるおそれがあります。

医薬品等の広告規制について

誇大広告等
第六十六条 何人も、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器又は再生医療等製品の名称、製造方法、効能、効果又は性能に関して、明示的であると暗示的であるとを問わず、虚偽又は誇大な記事を広告し、記述し、又は流布してはならない。

該当するのは医薬品や健康食品だけではありません こんな品目も薬機法抵触に注意!

『薬機法』という名前から、規制の対象となるのは医薬品や医療機器のみと考えてしまう方もいると思いますが、実際にはそうではありません。意外と盲点なのが、ペットフード・健康美容器具・雑貨・家電類です。わかりやすく大雑把に分類すると、身体に対して使用するものには、その影響に関する表現の規制があると認識しておきましょう。

また、サプリメントを含む食品類と同様に、虚偽・誇大広告などの不当な表示を禁止している「景品表示法」「健康増進法」も踏まえておく必要があります。

薬機法に抵触しないようにするため具体的にどんな表現がNG?

記事が薬機法に抵触しないようにするためには少なくとも、下記のような表現は避けるべきです。

  • これを摂取/使用するだけで身体の一部や組織が変化する
  • 合成添加物を使用しているのに「不使用」と表記している
  • ある変化に対して、根拠なく効果があると記載している

言葉の組み合わせで覚えることも良いですが、それだと応用が利かないというのが実際のところです。表現事例は、yahooプロモーション広告のガイドライン・審査のページが参考になります。

WEBライティングで求められること

薬機法を踏まえた上で求められることは、以下の3点です。

  • 法律に抵触しないこと
  • 可能な限りでの有用性を訴求すること
  • レスポンス/コンバージョンに繋げること

そして、この3点を遂行するためには表現の幅を適正に理解して、巧みに言葉を変換する必要があります。
ユーザーが本当に知りたいことは何か、表現できること・できないことは何かを考慮して、文章を構成していきましょう。

まとめ

参考とした情報の正確性を判断するためには、専門家の監修を付けるなどの措置が安全ではあります。しかし、正しい知識を得ることで、一般ライターでも専門的角度から適正に訴求する記事作成が可能です。

厚生労働省や関係機関のガイドラインなどを参考にすると、正しくて安全な情報が得られます。ユーザーに正しく有益な情報を提供するためにも、薬機法について正しい知識を得ることからはじめましょう。