インターネット広告初心者のためのはじめの一歩 -種類と基礎知識-

インターネット広告について

あなたは毎日インターネット広告を目にしますか?

インターネットが生活の一部となった現在では、目にしないという方はほとんどいないでしょう。この記事をご覧いただいている方の中には、実際にご自分でインターネット広告を運用している方や、広告を出稿しようと検討中の方もいらっしゃると思います。当記事では、「運用しているけど成果が出ない」という方や「これから自分で広告運用をしてみたいけど何をすれば良いかわからない」という方々のために、インターネット広告の主な種類とインターネット広告についての基礎知識をご紹介いたします。

生活の中で目にするインターネット広告

日々の中で目にするインターネット広告はいくつもあります。
"まとめサイト"や"ニュースサイト"などで必ず目にする、バナー画像やテキストを使った『ディスプレイ広告』。検索エンジンで検索したキーワードに連動して検索結果に表示される『リスティング広告』。YouTube等の動画配信サイトで動画の冒頭や途中で流れる『動画広告』。FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSでタイムラインの間などに表示される『SNS広告』などがあります。

冒頭の「あなたは毎日インターネット広告を目にしますか?」の問いにピンとこなかった方も改めて考えてみると、何気なく使用しているインターネットで毎日広告を目にしていることに気付かれたのではないでしょうか?

これだけインターネット広告が身近になった今、集客ツールとしてインターネット広告の重要性はかなり高くなっています。積極的にインターネット広告を活用している企業が多くなる中、まだ運用されていない方はこの機会に運用を検討してみてはいかがでしょうか。

主なインターネット広告の種類と概要

ターゲティング広告

インターネット広告の種類としては最もよく目にするものです。
広告を出したいターゲットに合う性別、年齢、地域、興味、関心などに絞って配信できる広告です。様々なポータルサイトやアプリなどでたびたび表示される画像の広告『バナー広告』と、文章で作成された『テキスト広告』などがあります。

ターゲティング広告の主な媒体としてはGoogle AdWordsのGDNとYahoo!プロモーション広告のYDNが有名です。

インターネット広告のイメージ1
インターネット広告のイメージ2

リスティング広告

検索連動型と呼ばれる種類の広告でGoogleやYahoo!やBingなどの検索エンジンで検索結果の上部や下部に表示される広告です。

特定のキーワードで検索した際に広告を表示させるよう設定できるので、ユーザーが必要としたタイミングでニーズに合った広告を配信できます。そのため、他のタイプの広告に比べると問い合わせや購入などに繋がり、コンバージョン率が高くなりますが、1クリックあたりの費用はターゲティング広告と比べ数十倍になる傾向があります。

インターネット広告のイメージ3

動画広告

映像の視聴媒体がテレビからインターネット(YouTubeやその他の動画配信サービス)へシフトしている現在、これから更に成長が予想されるのが動画広告です。
動画広告にもいくつかの広告配信方式の種類が有ります。

『インストリーム動画広告』

ユーザーが動画を観る際に冒頭や途中で流れる広告です。広告の視聴が短い時間で中断されると課金されないCPV課金(広告視聴単価課金)方式が多く採用されています。

『インバナー動画広告』

Yahoo!のトップページや様々なポータルサイトでバナー広告と同じ枠に表示される広告です。

その他に『インリード広告』や『インスクロール広告』、各SNS内での『Facebook動画広告』、『Instagram動画広告』、『 Twitter動画広告』などがあります。
動画の制作に時間とコストを要しますが、動画広告は情報量が多く、商品の魅力を訴求しやすい点が大きなメリットとなります。

インターネット広告のイメージ4

アフィリエイト広告

成果報酬型広告でサイト運営者がブログ、サイト内で商品を紹介し、それを観たユーザーがリンクからその商品を購入した際に課金される方式が一般的です。商品やサービスが購入された時のみに料金が発生するので費用対効果が高くなりやすい点が特長です。

SNS広告

Facebook、Instagram、Twitterなど各SNSで一般ユーザーの投稿と同じ様なフォーマットで掲載される広告です。一覧に溶け込ませる『ネイティブ広告』や、動画広告の項目で紹介した動画形式のものなどがあります。

インターネット広告の課金方式の種類

インターネット広告の課金方式の種類には、以下のようなものがあります。

枠掲載型

表示数やクリック数に関係なく1広告枠につき何円という課金方式

インプレッション保証型

規定の回数表示されるまで広告が掲載され一定の広告費が発生する課金方式

クリック課金型

1クリック毎に広告費が発生する課金方式

広告視聴単価課金

広告動画が視聴されると広告費が発生する課金方式

成果報酬型

ブログサイトなどで活用するアフィリエイト広告に多く、商品が購入された時に広告費が発生する課金方式

上記のように様々なタイプの課金方式があります。

例)Yahoo!での費用の目安

※媒体、サービス、広告を出す業種、設定などによって異なりますので、一例としてご覧ください。

・枠掲載型

……

200万円~/1週間

・インプレッション保証型

……

1,250万円~/1週間

・クリック課金型

……

ディスプレイ広告で1クリック/数円~数十円
リスティング広告で1クリック/数十円~千円

インターネット広告を出稿する上で注意すべき点

ディスプレイ広告にもリスティング広告にも言えることですが、インターネット広告は出稿した時点でそれぞれの広告審査担当部署による審査が入ります。不適切な表現があると承認されないため広告配信を行えず、一度審査に通過しても第三者の訴えで配信差し止めになる場合もあるので、表現には十分注意が必要です。

注意が必要な表現はいくつかあります。非常に訴求力があり、広告を出稿する側としては使いたくなる『最上級表現』(最高品質、日本で一番売れている、最安値など)は根拠明示を求められます。また、固有名詞や芸能人の名前、画像等を使用すると著作権・肖像権の権利者であるか、権利者の許可を得ているかの証明が必要となる場合があります。
他にも、医療や化粧品に関するインターネット広告は、審査を通過させるためだけでなく、法律に違反しないために厚生労働省が出している医療広告ガイドラインに沿った表現を守ることがとても重要になります。

広告運用を行う上での注意点もいくつかあります。Google AdWords 、Yahoo!プロモーション広告の共通点として1つのアカウントの中にキャンペーンという1日の予算や各種配信設定を管理するグループを作成し、さらにその中に広告グループという広告や入札額を管理するグループを作成します。
この中で1つのサービスや商品毎に広告グル―プを分け特化させる運用が推奨されています。1つの広告グル―プで1つのドメインしか広告配信出来ない等のルールもあります。

インターネット広告についての基本ワード

インプレッション数

広告が実際に表示された回数です。

クリック数

広告がクリックされた回数です。

クリック率

インプレッション数をクリック数で割った値です。ターゲティング広告では平均0.05%前後、リスティング広告では1%前後と言われています。

入札単価

広告がクリックされた時に課金される金額の上限額です。各広告は表示機会が発生するたびにオークションにかけられ、入札単価の設定金額や広告の品質などによって掲載順位が決定されます。実際に課金される金額は掲載順位が1つ下の広告の入札単価に1円プラスした金額となります。

平均掲載順位

サイトに掲載される広告はオークションによって順位がつけられ、1位に近いほどサイト上部などの良い掲載面に広告が掲載されます。この値は実際表示された順位の平均値となります。

コンバージョン

コンバージョンとは、「成果に繋がったこと」を表し、購入や問合わせなどご自身で設定した成果のポイントに到達した数を指します。コンバージョン数やコンバージョン率を取得するためには自サイトにコンバージョンタグを設置する必要があります。

コンバージョン率

コンバージョン数を、クリック数などコンバージョンにつながる操作の総数で割った値です。

ターゲティング広告とリスティング広告の基礎知識

ここからはインターネット広告の大手Google AdWordsとYahoo!プロモーション広告について説明いたします。

Google AdWords のGDN

GDN (グーグルディスプレイネットワーク)とはGoogleが運営するGoogle AdWordsというインターネット広告媒体のターゲティング広告ネットワークの名称です。
主な広告配信先は「YouTube」、「アメーバブログ」、「食べログ」、「価格.com」などのサイトや「Gmail」、スマホアプリとなります。

GDNディスプレイ広告(バナー広告)のサイズ

登録できるイメージ広告の画像サイズは一般的な形式の300ピクセル×250ピクセル、正方形の250ピクセル×250ピクセル、その他にも様々なサイズの縦長や横長の画像、配信面によって形式が変わるレスポンシブ広告などがあります。

色々なサイズの画像を配信すると配信できる掲載面が多くなり掲載機会も増えるのでインプレッション(表示回数)を増やしたい場合におすすめです。

拡張テキスト広告

見出し1で15文字、見出し2で15文字、本文40文字の形式でテキスト広告を作成出来ます。

GDNのターゲティング設定の種類

広告の配信先設定として、性別や年齢層などを設定できます。基本的には商品やサービスに関するキーワードを設定し購入見込みが高いユーザーに対して広告を配信します。

掲載サイト・アプリ等を指定する『プレースメント』、設定したジャンル、テーマに関連したサイトに広告配信する『トピック』、ユーザーの興味や関心に合った配信ができる『インタレスト』、自分のサイトに訪れたユーザーに対して広告を配信する『リマーケティング』など様々なターゲット設定が可能です。

GDNの配信先地域の設定

日本国内だけでなく海外にも広告配信可能です。地名の選択や指定した住所から半径を指定してその地域にいるユーザーに配信が可能です。

GDNの配信スケジュールの設定

曜日や時間帯を指定して配信が可能です。

GDNの配信先デバイスの指定

キャンペーン設定から広告の配信先デバイスをパソコン、モバイル、タブレットの中から指定することが可能です。

Yahoo!プロモーション広告のYDN

YDNはGoogle のGDNと並び大きなシェアを占めるターゲティング広告ネットワークです。主な広告掲載先はYahoo!の運営サイトや提携サイトで「Yahoo!ニュース」、「Yahoo!知恵袋」、「ヤフオク」、「NAVERまとめ」、「食べログ」などです。

YDNディスプレイ広告(バナー広告)のサイズ

設定できるイメージ広告の画像サイズは全デバイス対応の300ピクセル×250ピクセル、PC・タブレット対応の728ピクセル×90ピクセル、468ピクセル×60ピクセル、160ピクセル×600ピクセル、スマートフォン対応の320ピクセル×50ピクセル、320ピクセル×100ピクセルです。

YDNのテキスト広告

タイトル15文字、説明文1が19文字、説明文2が19文字の形式と、タイトル15文字、説明文33文字の形式で作成出来ます。

YDNのターゲティング設定の種類

YDNで設定できるターゲティング内容にもさまざまなものがあります。ユーザーがYahoo! JAPANで検索したキーワードを利用する『サーチターゲティング』では、過去に検索を利用したユーザーが、別の機会にYDN配信媒体のウェブページを訪れたとき、過去に検索したキーワード(検索履歴)をもとに広告が配信されます。

他にも、設定したジャンルに興味や関心があるユーザーに広告を配信する『インタレストカテゴリーターゲティング』、選択したジャンルのサイトに広告を配信する『サイトカテゴリー』、広告を配信するサイトやしないサイトを指定できる『プレイスメントターゲティング』、GDNのリマーケティング同様に自分のサイトに訪れたユーザーに対して広告を配信する『リターゲティング』などが設定出来ます。

YDNの配信先地域の設定

選択式で設定が可能です。

YDNの配信スケジュールの設定

曜日や時間帯を指定して配信が可能です。

YDNの配信先デバイスの指定

PC、スマートフォン、タブレットから選択が可能で更にスマホ・タブレットへの配信ではiOSとAndroidのOSの指定やドコモ・KDDI・ソフトバンク・Y!mobileなどキャリアの指定、ウェブサイトとアプリの指定が出来ます。

ターゲティング広告のメリットとデメリット

ターゲティング広告はサイトに誘導するだけでなく、表示されて多くのユーザーにイメージを印象付けることができるため、ブランド認知度を高める”ブランディング”にも向いたインターネット広告です。

広告予算次第にはなりますが、インプレッションやクリックを増やそうと考えた場合はGDNとYDNを並行して運用すると、多くの媒体、多くの掲載面に広告配信ができるので広告効果が高くなります。

クリック課金型ですと他のインターネット広告方式に比べ費用も安く抑えられます。主なデメリットはユーザーが必要としているタイミングに合わせて、広告配信をコントロール出来ない事と間違いクリックが発生しやすい事などです。また、わざと間違いクリックを誘発させるタイミングで表示させたり、動いたりする悪質な媒体もあるので注意が必要です。

ターゲティング広告の運用を始めてみると「管理画面上では数字がついているけど、実際に広告が表示されているかわからない」「自分でサイトを見てみても一度も自社の広告が出ない」と心配される方も多いと思います。出稿されている非常に多くの広告の中から配信する広告をシステムが選んでいるため、ターゲティング広告で自分の出している広告を狙って見るのは非常に難しいのですが、実際には配信されているので問題ありません。

初心者のためのリスティング広告入門

リスティング広告も日頃からインターネットを使用している方なら良く目にする広告の1つです。GoogleやYahoo!を使用してキーワード検索した際に検索結果の上部や下部に検索結果と似たテキスト形式で表示されます。リスティング広告にはURL表記の前に広告と表示されています。

リスティング広告の主な課金方式はPPC(Pay Per Click)と呼ばれるクリック課金型です。そのため、広告で宣伝している内容とニーズの一致しない人が間違ってクリックしてしまう無駄クリックをできる限り減らす様な設定の工夫が必要です。

キーワードと検索語句

リスティング広告ではユーザーがどの様なキーワードで検索した際に広告を表示するかの設定が必要で、「部分一致」「絞り込み部分一致」「フレーズ一致」「完全一致」といったマッチタイプと呼ばれる設定があります。

キーワードのマッチタイプ

部分一致

誤字、送り仮名の違い、多少の言葉のゆれがある場合や、関連性のあるキーワードで検索された場合も広告が表示されます。かなり広いキーワードに対して広告を配信するため、設定するキーワードによってはコンバージョンの可能性が低いユーザー層にまで配信してしまうリスクがあります。

例) 設定した部分一致のキーワード:『女性用 帽子』

広告が表示される検索ワード:『購入 レディース 帽子』

絞り込み部分一致

設定したキーワードが検索キーワードに含まれる場合に、広告が掲載対象となります。指定したキーワードの表記ゆれも掲載対象となりますが、類義語は掲載対象になりません。

例) 設定した部分一致のキーワード:『女性用 帽子』

広告が表示される検索ワード:『女性用の帽子』『帽子 女性用』

フレーズ一致

指定したキーワードと同じ語順のフレーズやその類似パターンに当たるフレーズが使用され、その前や後に他の単語が追加されている検索キーワードで、広告が表示されます。フレーズの途中に別の単語が入っている場合や、フレーズ内の語順が異なる場合は掲載対象になりません。

例) 設定した部分一致のキーワード:『女性用 帽子』

広告が表示される検索ワード:『女性用の帽子を購入』『女性用 帽子 白』

完全一致

設定したキーワードと完全に一致する検索キーワードや、その類似パターンに該当する検索キーワードで、広告が表示されます。語順は違うものの意味が同じ検索語句や、後置詞や接続詞といった検索の意図に影響しない機能語の有無が異なる検索キーワードも含まれます。

例) 設定した部分一致のキーワード:『女性用 帽子』

広告が表示される検索ワード:『女性用 帽子』『女性用の帽子』

除外キーワード

指定したキーワードに配信しない除外キーワードの設定も可能です。想定していなかったキーワードに広告が表示されている場合などの対策に有効な設定です。

検索語句(検索クエリー)

検索語句とは設定したキーワードに対して実際に広告が表示されたキーワード、広告がクリックされた語句です。検索語句が自信で想定している広告を出すのに理想的なキーワードをかけ離れている場合はキーワードやマッチタイプの見直しが必要です。

Google AdWords のリスティング広告

掲載面はGoogleのキーワード検索結果となり、スマートフォンのブラウザでGoogle Chromeが多く使われている現在はスマートフォン向けのインターネット広告媒体としてかなり広いシェアを持っています。

広告文の設定

見出し1が15文字、見出し2が15文字、説明文が40文字となります。
キーワードと広告内のメッセージがどの程度合致しているかも重要なポイントです。

Google AdWords のキーワード設定

キーワードは一度に複数登録可能でマッチタイプ毎に記述方法が変わります。

『花 宅配』というキーワードの例

・部分一致

……

花 宅配

・絞り込み部分一致

……

+花 +宅配

・フレーズ一致

……

”花 宅配”

・完全一致

……

[花 宅配]

キーワード毎に上限クリック単価(入札額)が設定できるので、慣れないうちは平均掲載順位や表示回数などを目安に、設定したキーワードの相場を探る必要があります。

ターゲット設定

GDNと同様にターゲット地域設定(配信地域)、配信スケジュール、配信デバイス、性別、年代など設定が可能です。

ターゲット地域設定に関しては「ターゲット地域の詳細設定」で特殊な設定ができ、ターゲット設定している地域にいるユーザーに配信するのか、ターゲット設定している地域を検索しているユーザーに配信するのかを設定できます。

後者の設定をしていると『賃貸 マンション』というキーワードで広告配信していてターゲット地域を渋谷だけにしている場合に、千葉から『渋谷 賃貸 マンション』で検索したユーザーに対しても広告が表示されます。デフォルトでは前者と後者の両方に対応した設定になっています。

広告表示オプション

Google AdWordsでは広告表示オプションという設定があります。

サイトリンク表示オプション

広告にリンクを追加できます。

コールアウト表示オプション

サービスや特色を12文字以内で追加できます。

構造化スニペット表示オプション

ヘッダーとリストといった形式で提供する商品やサービスの詳細を伝えることができます。

その他にも『電話番号表示オプション』、『住所表示オプション』など各種情報の追加が可能です。このオプションを使用すると広告の占有面積が広くなり情報量も増えるので広告効果が高くなりますが、設定しても必ず広告表示オプションが表示されるわけではなく広告の掲載位置と広告ランクが高くないといけない等の条件があります。

Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチ

スポンサードサーチとはYahoo!プロモーション広告の中のリスティング広告の名称です。Yahoo!でキーワード検索した際の検索結果の上部や下部に広告が掲載されます。

広告文の設定

半角換算で見出し1が30文字、見出し2が30文字、説明文が80文字となるので、全角だとGoogle AdWords同様に見出し1が15文字、見出し2が15文字、説明文が40文字となります。

広告を上位表示させる、広告費を抑える上で登録キーワードやウェブサイトの内容と関連性が高い事が重要なポイントとなります。

スポンサードサーチのキーワード設定

マッチタイプ毎に切り替えて設定する通常の方法とキーワード毎に入札価格などの詳細を入力し複数のマッチタイプのキーワードを同時に登録できる『詳細を指定して入力』があります。

ターゲット設定

配信地域、曜日や時間などの配信スケジュール、PC・スマートフォン・タブレットの配信先デバイスの選択が可能です。

広告表示オプション

スポンサードサーチでも広告にオプションを追加することが可能で、リンクを追加できる「クイックリンクオプション」、電話発信が可能なリンクをアイコンで追加できる「電話番号オプション」、半角25文字以内で補足テキストを追加できる「テキスト補足オプション」の3種類があります。

リスティング広告のポイント

リスティング広告はターゲティング広告と比べてクリック単価が数十倍~数百倍になるのでキーワードやターゲット設定を誤るとコンバージョンに結びつかない無駄なクリックが多くなり費用がかさんでしまうので、設定キーワードに対する検索語句(検索クエリー)の検証をこまめに行うことが重要となります。

コンバージョンタグの設置やGoogleアナリティクスを導入し、よりコンバージョンに繋がるキーワードや広告文を導き出せれば広告の効果を更に高められるでしょう。

ターゲティング広告とリスティング広告の運用についてのまとめ

これまで書いてきた内容はインターネット広告のほんの一部なので、まだまだ運用を始めるのは不安だと思われる方もいらっしゃられるでしょう。そんな方のために最低限の設定だけで運用はサポートが行ってくれるサービスや初期設定を行ってくれるサービスなどがGoogle AdWordsやYahoo!プロモーション広告にあるのでご利用してみてはいかがでしょうか。

弊社にもインターネット広告の運用代行サービスがございますので、広告を出したい方、Web集客にご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

すべての人にインターネット
関連サービス
公式Facebook