FAQ|Google アナリティクスについて

こちらのページではGoogle アナリティクスに関するよくあるご質問や用語をまとめました。

Webサイト改善や分析に欠かせないツールとなりますので、この機会に基本的な用語を覚えて、Googleアナリティクスを活用していきましょう。

目次

Google アナリティクスとは?

Google アナリティクスはGoogleが提供しているアクセス解析ツールです。無料でアカウントを作成することができ、登録したWEBサイトの訪問者数や、ユーザーの行動などを解析することができます。

Google アナリティクスを利用することで、WEBサイトを訪れるユーザーの流入経路(どこからきたのか)、ユーザー属性(利用している端末、閲覧した時間帯)、コンバージョン(目標達成したかどうか)などのデータを可視化し、WEBサイトの運用や改善に繋げることができます。

対象のWEBサイトのトラッキングコードを発行し、HTML内に設置することでデータの集計が可能となります。

トラッキングコードとは?

トラッキングコードとはGoogle アナリティクスにWEBサイトを登録した際に発行される専用のコードのことです。このコードを利用してGoogleは対象サイトのセッション数、ユーザー数、ページビュー数などを計測します。

セッション数とは?

セッション数とはユーザーがサイトを訪れた「訪問数」のことです。セッション中にページ間を移動してもカウントは1となります。

また、セッション数はデフォルトでは30分単位で更新され、30分間ページ間で行動がない場合はセッションが切れ、訪問終了と判定されます。この後にサイトを訪問した場合は2とカウントされます。

もしセッション中に日付が変わった場合には、深夜0時のタイミングでいったん切られ、0時以降は新しいセッションとしてカウントされます。

ユーザー数とは?

ユーザー数はサイトを訪問した「人の数」です。Google Analyticsでは、ユーザーのブラウザに保存されているCookie(クッキー)の情報が同じだったら同一人物とみなし、1ユーザーとして数えるのがルールです。そのため期間中に同じ人が何回もサイトを訪問したとしても、1ユーザーとしてカウントされます。

過去2年間に訪問していた場合も1とカウントされます。

しかし同じ人が同じパソコンで別々のブラウザを使った、あるいはパソコンとスマホの両方からアクセスした場合には、Cookie情報が異なるためにそれぞれ別のユーザーとしてカウントされます。

セッション数とページビュー数の違いは?

例えば、1人のユーザー(同じブラウザで)が3回同じサイトを訪れた時、セッション数は訪問した数なので3になりますが、ユーザ数は1になります。

ページビュー数とは?

ページビュー数とはページの閲覧数のことです。

例えばひとりのユーザーが、トップページ→ページA→ページB→ページC→ページAとサイト内を移動したときには、ページビュー数は5になります。

社内からのアクセスを除外したいのですが...

Google アナリティクス管理画面の「管理」→「フィルタ」で任意のIPアドレスからのアクセスを除外することができます。

IPアドレスの除外を行えば、サイト訪問者が社外の人だけに絞ることができるので、よりサイトのデータの精度が上がります。

コンバージョンってなに?

コンバージョン(CV)とはWEBサイトを訪れたユーザーが目標を達成した数のことです。目標は任意で決めることができます。例えば、「お問い合わせボタンを押す」や「購入ボタンを押す」などユーザーのアクション毎に目標を設定することができます。また、WEBサイトのアクセス数に対して達成したコンバージョンの割合をCVR(Conversion Rate)と言います。

直帰率ってなに?

直帰率は、サイトを訪れたユーザーが最初に見たページから、ほかのページを一度も見ずに離脱したセッションの割合です。1ページしか見ないでサイトを離れた人が多いほど、直帰率は高くなります。

せっかくサイトを訪問したユーザーが、ほかのページを見ないでそのままサイトを離れてしまうのには、ほしい情報がなかったなどなにか理由があるはずです。サイトの直帰率が高いときには、ユーザーがサイト内を探したくない理由を見つけて改善していく必要があるでしょう。

離脱率ってなに?

離脱率は、そのページを最後にサイトから離れてしまったセションの割合です。例えばページA→ページB→ページCと見てきたユーザーが、ページCを最後にブラウザを閉じた、あるいは別のサイトに移動するなどして離脱したときは、ページCが離脱したページになります。

最初にページCからサイトを見始めたユーザーがそのまま離脱したときには、ユーザーはページCから直帰したことになります。つまり先ほど紹介した直帰率は離脱率の一種で、ユーザーが1ページだけ見てそのまま帰ってしまったときにだけ使う、特別な呼び方なのです。

離脱率は直帰率と同様に、サイト内のほかのページと比べて特に高いページを探しだし、サイトを見てもらうための改善していくときに使う指標になります。

項目が多すぎでどこを見たらいいかわからない

まず基本的な画面としては「ユーザー サマリー」画面を見ていただけると、実際にサイトを見たユーザーの動向が少しわかると思います。「ユーザー サマリー」画面では、一定期間内にサイトに訪れたユーザーの訪問状況を大まかに把握することができます。

※※ 「ユーザー サマリー」の見方 ※※

1.左側のメニューの「ユーザー」をクリック

2.「概要」をクリック

これだけ見ても何があったのかがわかりづらいと思います。

そのため、特定の期間で比較してみましょう。比較するとその期間内に何かあったのかを考えて、原因を調査することにつながります。

例えば、「巣ごもり需要が増えてサイトを見てくれる人が増えていないかな?」や「セール期間はサイトを見ているユーザーが増えていないかな?」など考えられると思います。

まず右上の日付の箇所をクリック

日付の選択画面が出てきますので、「比較」のチェックボックスをクリック

 

お好きな期間を選択して、見ましょう。

注意点としては計測日数をそろえて分析してください。

これだけでユーザーの動きがみることができます。大枠の分析データを確認することができるので、これをもとに異常がないかを確認していきましょう。

まとめ

Google アナリティクスが自社に適したツールかどうか、導入できそうか、イメージを持っていただけましたか?

実際のGoogleアナリティクスの画面を見てみてサイトの状況を見ていき、サイトの改善点を考えていきましょう。

次回はWebマーケティングにおける入門編を掲載していきます。9月30日(水)に更新予定ですので、ぜひご覧ください。