XAMPPを使ってWordPressをインストール

Webサイトの運営についてお悩みはありませんか?

  • HTMLを書いてホームページを運営しているけれど、更新が手間だと感じる。
  • HTMLにも慣れてきてそろそろ違うことをしたい
  • 外出先だと更新できないことが面倒

などなど、人によって様々なお悩みがあると思います。

もしもPHPとデータベースが使えるサーバーをご利用なら、WordPressを導入してみるのはいかがでしょうか!
WordPressは、Webサイト上から手軽に更新できて、さらに機能が豊富なテキストエディタが付属しているので、HTMLを書けなくても更新しやすいというスグレモノです。常に新鮮な情報を発信できるので、SEOとの相性も良いと言えます。

使い勝手が良いものなので、ハードルが高く感じても、一度使い始めると、他のブログ/CMSは使えなくなるかもしれないほどの可能性を秘めています!
また、公式で『5分でインストール』と謳っているほど、慣れると簡単にインストールできるのも魅力の一つ。 実際にローカル環境にインストールして、WordPressを体験してみてください。

ローカル環境(自分のパソコン)にWordPressをインストール

外部に公開するためにはWebサーバーにインストールする必要がありますが、Webサーバーにインストールして色々試すのは、サーバーに大きな負荷を与える可能性もあるため、避けるべきだとされています。
動作確認はローカル環境(自分のパソコン)で行いましょう。

ローカル環境にインストールする際にはXAMPPを使えばデータベースの設定も時間をかけずにできますので、ここではXAMPPを使ったインストール方法をお伝えします。

XAMPP自体のインストールはこちらの記事にまとめてありますので、ご覧ください。きっと参考になるとおもいます。
WindowsでPHPを実行する! XAMPPのインストールについて

STEP1  phpMyAdminを使ってWordPress用のデータベースを作成する

まずはphpMyAdminを開いてください。
Apacheを起動してから、『http://localhost/phpmyadmin』にアクセスすると開けます。

phpMyAdminでデータベースを作成
  1. phpMyAdminのトップページ左上側にある『データベース』をクリック
  2. 『データベース名』に任意の名称を入力。 例:「wp_test_db」
  3. 『照合順序』で「utf8_general_ci」を選択。
  4. 『作成』をクリック

STEP2 データベースを操作するユーザーを作成

  1. 作成したデータベースの管理画面に移動。
     STEP1の直後であれば、すでに移動されていると思います。  ※ページ上部のデータベース名の表示欄が作成したSTEP1で作成したものになっているかを確認してください。

  2. 画面上部、中央やや右側にある『特権』(画像内①)をクリックしてユーザー作成画面(画像内②)に移動。

    phpMyAdminでユーザーを作成
  3. ログイン情報の入力欄を設定
    データベースを編集するユーザーを追加します。

    phpMyAdmin ユーザー追加例
    User nameの欄:
    『テキスト入力項目の値を利用する』を選択し、その右隣に任意の名称を入力
    例:wp_test_db
    Host nameの欄:
    『ローカル』を選択し、その右隣に『localhost』を入力
    パスワードの欄:
    『テキスト入力項目の値を利用する』を選択し、その右隣に任意の名称を入力例:admin
    Re-typeの欄:
    パスワードの欄に入力した内容と同じ内容を入力する。

    ページ下部右側にある『実行』ボタンをクリック

SETP 3 公式サイトからWordPressのファイルをダウンロードする

まずは公式サイトからWordPressのファイルをダウンロードします。

WordPressのファイルをダウンロード

Googleで『WordPress』と検索して、公式サイトにアクセスし、ダウンロードボタンをクリックしてください。
ほとんどの場合『I'm Feeling Lucky』をクリックすれば直接アクセスできます。アクセスできなかった場合は通常検索でお願いいたします。

WordPressのzipファイルを解凍

ダウンロード後、zipファイルを展開(解凍)してください。

STEP4 XAMPPのhtdocs以下のフォルダにコピーし、ブラウザからアクセスする

zipファイルを展開して、内容をhtdocs以下のフォルダにコピーし、ブラウザからアクセスします。

htdocs以下のフォルダにコピーする

今回は『htdocs』に『wordpress_test』というフォルダを作成し、その中にWordPressファイルをコピーしました。
ブラウザから閲覧する際には「http://localhost/wordpress_test/wordpress/」にアクセスします。

STEP5 指示に従って内容を入力する

ブラウザからインストールを進めると、設定ファイルなどをWordPressが作成してくれるので、そのまま進めます。
以下の手順で実際にインストールをしてください!

  1. 『さぁ、始めましょう!』をクリック

    WordPressのインストールの準備を開始する
  2. データベースの設定をWordPressに登録し、『送信』をクリック

    WordPressで使用するユーザーを設定

    phpMyAdminで作成したデータベースの情報を入力します。
    データベース名の欄に、STEP1で作成したデータベース名を入力
    ユーザー名の欄、パスワードの欄にSTEP2で作成したユーザー情報を入力

  3. 『インストール実行』をクリック

    WordPressの『インストール実行』
  4. サイト情報を入力し、『WordPressをインストール』をクリック。

    WordPressのインストールを始める

    ここは後で変更できる箇所なので、あまり深く考えず入力しても問題ありません。
     今回は次の通りに入力しています。
      ・サイトのタイトル:WordPressテスト
      ・ユーザー名:test
      ・パスワード:admin
      ・メールアドレス:test@example.com

  5. サイト情報に入力したユーザー名、パスワードを入力し、『ログイン』をクリック

    ログインして実際の管理画面を開く

    以上でインストールは完了です。

  6. まとめ

    WordPressをローカル環境にインストールする際は、XAMPPがあれば楽にインストールできます。手順を簡単にまとめると、次の通りです。

    1. phpMyAdminを使って、WordPress用データベースを作成
    2. 作成したデータベースで使用するユーザーを設定
    3. 公式サイトからWordPressのファイルをダウンロード
    4. ダウンロードしたzipファイルを展開し、内容をhtdocsフォルダ以下にコピー
    5. コピーしたファイルにブラウザ経由で接続し、指示の通りに入力しインストールを進める。

    サイトの定期更新はSEOには重要なポイントです。SEOを意識はじめたら定期的な更新を実施することをおすすめします。
    WordPressを使えば、Web担当者以外も定期更新に参加できるようになるので、大きな強みになるはずです。

すべての人にインターネット
関連サービス