twitter_user

皆様こんにちは。

GMOソリューションパートナー株式会社のWEB改善事例集でご紹介するのはTwitterの効果的な運用をするための「アナリティクス」機能の活用となります。

 

Twitterの国内ユーザー数が4000万人を突破

海外では、他のSNSに苦戦しTwitterユーザー数は伸び悩んでいるようですが、

日本国内では人気は堅調で、ユーザー数が4000万人(2016年9月)とFacebookの国内ユーザー数2600万人(2016年9月)を大きく上回っています。

ユーザー数が多く、人気の高いSNSを自社の認知度を高めたり、

WEBサイトの集客に活用するために重要なソーシャルメディアであることは間違いありません。

 

Twitterの「アナリティクス」

Twitterには「アナリティクス」という機能があり、投稿に対するユーザーアクセスや、アクションなどを見ることができます。

全体の集計だけでなく、個別投稿の分析もできます。

ユーザーの評価が高い投稿はどのような投稿なのかということを知ることができ

今後の投稿内容をよりユーザーのニーズにマッチした運用をすることができます。

 

Twitterの「アナリティクス」への画面遷移

右上のプロフィール画像を右クリックし、リストの「アナリティクス」をクリック

tw1

 

以下の「アナリティクス」のホームに画面遷移します。

tw2

 

ホーム画面では、過去28日間のパフォーマンスとその変動を見ることが出来ます。

 

ツイートは投稿数です。ツイートインプレッションは、どれだけユーザーに見られたかを知ることができます。プロフィールへのアクセスは、どれだけこのアカウントに興味をもってもらえたかということを知ることができます。

 

改善のポイント

その月でもっともパフォーマンスのいいツイートはどれか一目瞭然です。

なぜ、そのツイートがパフォーマンスが良かったのか、

ユーザーの興味関心を引く内容なのか、キャッチコピーが良かったのか

画像が良かったのか、時間帯がよかったのか等を分析し、

次回以降の新規投稿に活かしていきましょう。

またホーム画面では、以下のように月ごとのパフォーマンスを概要として見ることも出来ます。

tw3

 

毎月どれくらいパフォーマンスが改善しているのかを数値化してみることができます。

 

ツイートアクティビティについて

上部にあるメニューにて、ツイートという項目をクリックするとツイートアクティビティに画面遷移します。

 

tw4_twact

 

日毎の広告以外のインプレッションと、投稿数がグラフで確認できます。

 

どの日がもっともパフォーマンスがいいか数値を確認することができます。

パフォーマンスが良い日の投稿はどのようなものなのか掘り下げてゆき

新規投稿に応用していきましょう。

 

エンゲージメントが最も価値ある指標

 

グラフの下には、各投稿のインプレッションやエンゲージメントを確認することができます。

 

tw5_2everytw

 

エンゲージメントとは、投稿に対しいいね、コメント、リツイート、URLのクリックなどユーザーのアクションを引き起こした数となります。

このエンゲージメントが最も価値ある数値となります。

エンゲージメントを高めてゆきましょう。

 

 

まとめ

Twitterの「アナリティクス」は投稿がどれだけユーザーの目に触れたか、そしてよりユーザーのエンゲージメントを獲得できたかを数値でみることができます。

Twitter運営のパフォーマンスを見える化し、改善していきましょう。

 

 

すべての人にインターネット
関連サービス