SEOはどのように始めたらいいか?おすすめは「Google公式スターターガイド」

2014.8.22|SEO ツール ノウハウ紹介 未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

GOOGLESTARTERGUIDE
人がインターネットで何かを探したり、買ったり、申し込んだりするときまず検索をすることが多いです。これは異論のある人は少ないと思います。
そこで、検索結果の上位に自社のサイトが表示すれば集客に大きな効果があります。
これにも、異論のある人は少ないと思います。
商品やサービスに対し、購買や申込意欲の高いお客様がどんどんサイトにやってくるからです。
そのためにウェブサイトに実施する様々な対策が「SEO」です。

SEOとは

SEOはSearch Engine Optimizationの略です。
日本語では検索エンジン最適化やサーチエンジン最適化などと言ったりします。
ではその検索エンジン最適化はどのように実施したらよいでしょうか?
様々な仮説と検証が、何年も繰り返し実施されており、さまざまなソースから
提供されているので、一定の通説のようなSEOの知識をたくさん得ることはできるかと思います。
しかしながら、その厳密な答えを言うことができるのはGoogleなどの検索エンジン運営サイドのみです。
では、どのようにしてSEOを実施してゆくのがベストでしょうか。

検索エンジン最適化の始め方

Googleは何をどのくらい評価してサイトを上位表示させるのでしょうか?
その仕組みを検索アルゴリズムと言います。Googleは非公開にしているので検索アルゴリズムは完全なブラックボックスです。
しかしながら、Googleは検索エンジン最適化の始め方について
Google検索エンジン最適化スターターガイドという公式のガイドラインを公開しています。

もともとは、Googleの社内資料として作成されたそうですが
一般のユーザーにも役立つとして、公開されています。

全32ページの充実した内容を、ここではかいつまんでポイントを紹介します。

■ページタイトル

スターターガイドの最初はタイトルタグの文章についてです。
やはり、タイトルタグは重要というわけです。
ポイントはに各ページに固有のタイトルを短く設定すると紹介されています。

■descriptionメタタグ

2つ目はdescriptionメタタグです。
長さについては1文~2文で記載し、各ページに固有の内容を設定するのがポイントです。
ウェブマスターツールで長すぎたり複数ページでの重複についてチェックしましょうというアドバイスがあります。

■URL

ドメインや、フォルダ、ファイル名がウェブサイトのURLになります。
これら文字列に、コンテンツと関係するキーワードを入れましょうというアドバイスがあります。
urlにキーワードを入れる

■ナビゲーション(サイト内リンク)

各ページに対しはわかりやすくテキストで作成することや、パンくずリストで分類や階層をわかりやすくする方法が記載されています。

■質の高いコンテンツを提供しよう

掲示板やブログ、SNSにおいて口コミとして紹介されるような魅力的なコンテンツを作成しましょう。
また、検索エンジンは同じテーマでも様々なキーワードで検索されます。ウェブページ作成の際は、類義語や同義語、関連語など様々なキーワードを織り交ぜることでより多くの来訪が期待できます。

また、独自性の高いコンテンツを作成するためには、他のサイトにはない情報源や専門知識を活用するのがポイントです。

■画像の最適化

画像にALT属性と画像の近くに説明文をテキストで追加しましょう。
画像のファイル名には、画像の内容に紐付いたファイル名にしましょう。

×:IMG1.jpg
◯:flower.jpg

■見出しタグ

見出しタグで重要性を示すことができるので、見出しタグにキーワードを使用しましょう。

■モバイル最適化

PCページからモバイル版サイトへ転送するときは、対応する各ページに転送しましょう。
モバイルの下層ページすべてからトップページへ転送するのはNGです。

まとめ

「Google検索エンジン最適化スターターガイド」は、
基本的なところから、テクニカルな内容までかなり多岐にわたった内容です。

ご自身のサイトが実施できているか1つ1つチェックしてゆけば
できていることの再確認だけでなく
サイトの改善点が1つ、また1つ浮き彫りになってくるかもしれません。

そして、なによりも検索エンジンGoogle自体が提供する情報を活用しない手はありません。
ぜひWEBサイト改善にご活用いただくことをオススメします。

参考)

Google検索エンジン最適化スターターガイド

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL