seo3nwes   皆様こんにちは。 GMOソリューションパートナー株式会社のウェブ改善事例集で今回ご紹介するのは、SEOについて抑えておきたい重要トピックを3つご紹介します。
  1. Googleが読み込むページの重さの限界は?
  2. インタースティシャル広告をすると順位が下がる?
  3. 検索結果上部を占拠する「ライブティッカー」とは?
 

1.Googleが読み込むページの容量の限界について

およそ10MB(メガバイト)です。Googleは、インターネット上のウェブページの情報を読み込んで、Googleのサーバーに格納し、その格納データを検索キーワードひも付けて検索結果に表示します。 つまり検索結果にホームページが表示するためには、Googleにウェブページを読み込んで貰う必要があります。 しかし、1ページについて10MB(メガバイト)を超えるページはGoogleは読み込まないためSEOによくありません。 上記内容は、Googleの社員であるジョンミューラー氏のオンラインQ&Aイベントでのコメントとなります。 重たいページは表示速度も遅く、ユーザビリティも低くなるため、その意味でも、ページを軽くしましょう。  

2.順位が下がるインタースティシャル広告とは?

インタースティシャル広告とは、目的のページを表示する前に出てくる広告のことです。 インタースティシャル広告のあるページは、iPhoneや、スマートフォンから検索した際の順位を下げるという発表がGoogleよりありました。 ユーザー体験を著しく損なうため、モバイル検索での順位をさげるようです。発表は2016年8月23日でしたが、実施は2017年1月10日予定になるそうです。 インタースティシャル広告の中でも、表示が小さく、すぐに閉じることができるものは、順位が下がらないようです。  

3.検索結果上部を占拠する「ライブティッカー」とは?

ライブティッカー(LiveTicker)とは、9月に適用予定のモバイル検索結果の新しい表示形式です。 現在でも、AMP形式のウェブページが、横スクロールでモバイル検索結果の表示となる場合があります。これをAMPカルーセルと言います。 ライブティッカー(LiveTicker)は、このAMPカルーセルがあ表示表示されている上部に配置され、しかも大きく画面横幅一杯を占めるものとなるそうです。 AMP(Accelerated Mobile Pages)形式で設定された、新しい内容のページが表示されやすいそうです。モバイル検索結果の上部を占めるライブティッカーはぜひ表示させたいところです。可能な限りAMP対応の実施をお勧めします。    

まとめ

SEO対策のなかでも、細かい内容となりご存知でない方もいらっしゃるかと思いますが、非常に重要なトピックでしたのでご案内いたしました。 ぜひウェブサイト運営にお役立てください。   参考) Googleは10MB以上のページは読み込まない http://bit.ly/2bGSOVf   インタースティシャル広告について https://webmasters.googleblog.com/2016/08/helping-users-easily-access-content-on.html   ライブティッカーについて http://digiday.com/platforms/pitch-deck-inside-googles-plans-give-amp-pages-prominence-search-results/
すべての人にインターネット
関連サービス