文章の組み立て方を知って、コンテンツ作りへの「苦手意識」をなくそう!

自社サイトにコンテンツを増やしたいけど、時間がかかってしまう、いざ作ったコンテンツを読んでみると分かりづらい、読みにくいという経験をお持ちの方は多いかと思います。

そんな方はコンテンツを書く前に文章の組み立てから始めてみませんか?
文章の組み立てを先に行うことで、スムーズにコンテンツを書き進めることが出来るようになるのです。

どのような内容を書くのか、どのような流れで書くのかを決めていないと下記のような事態に陥ります。

  • 書く内容が定まってないので、話が脱線してしまう
  • 分かりにくい内容になる
  • すぐネタ切れになる

このような事態が「コンテンツを書き進めることが出来ない」という状況を生み出してしまい、コンテンツを作ることに対して苦手意識を植え付けてしまうのです。こうなってしまうとコンテンツを作ることに苦痛を感じてしまい、コンテンツを増やすことは困難になってしまいます。

このような事態を防ぐためにも、コンテンツを作る前にまず下記の4つを参考にして頂き文章の組み立てを行ってみましょう。

①書くテーマを決める

例えば今私が書いているコンテンツは「文章の組み立て方」についてテーマにしましたが、特定の商品についてでも、あなたの周りで最近起こった出来事でも、テーマは何でも構いません。
具体的に「◯◯について書く!」と、最初に決めておくことで話が脱線することもなく、必要な情報だけを入れた分かりやすい文章になります。

②小見出しを決める

テーマが決まったら小見出しを決めましょう。
小見出しを決めておくことで一項目にどのような内容を書いて、どのような流れにするのかを決めやすくなり、小見出し毎のネタが作れるのでスムーズに書き進めることが出来ます。

例えば、東京を観光した出来事についてテーマを決めたとすると・・。

テーマ:東京を観光した時に思ったこと
小見出し1:沖縄と東京違い
小見出し2:観光地について
小見出し3:まとめ

など簡単に小見出しを決めておくことで、あとは小見出しに肉付けをしていくだけなので、ネタに困ることも少なくなります。

③ターゲットを決める

次に、誰に読んで欲しいのか、誰へ向けた文章なのかを決めます。
具体的なターゲットを決めておくことでどのようなスタイルで書くのか、文章を固くするのか柔らかくするのかコンテンツの方向性を簡単に決めることができ、コンテンツが書きやすくなります。
また、ターゲットが決まっているので、書き終えた後に校閲を行うときも分かりやすい表現に変更するのか、あえて漢字に変換を行うのかなど修正が簡単になります。

④実際に書いてみる

②で作った小見出しに、テーマと小見出しそれぞれに合った内容を書いていきます。
どのような内容や流れで、誰に向けて書くのか決まっているので、手が止まってしまうことはなくなるはずです。どんどん書き進めて、最後に誤字脱字がないか、決定したターゲットに向けた内容になっているかなど文章の調整をしましょう。

おわりに


①~④までのステップを踏むことでコンテンツ作りはとても楽になります。
いつまで経ってもコンテンツを書き終えることが出来ない、テーマを見つけることが出来ないという方も、
テーマや小見出しを簡単に作れるようになれば多くのコンテンツを増やすことが出来ると思います。

そして徐々にコンテンツ作りに対しての苦手意識もなくなっていくでしょう。参考にしていていただければ幸いです。

すべての人にインターネット
関連サービス