知っているようで実は知らない?推敲の方法

SEO対策の為にコンテンツ作りが重要なのは皆さんもご存知かと思いますが、一番大事なのは読みやすく、閲覧者にとって有益かどうかです。いくら良いコンテンツでも誤字脱字や違和感のある表現があると、それだけでコンテンツの質はガクッと下がってしまいます。そのため、コンテンツ作成後に「推敲」を行い「そのコンテンツに間違いはないか?」チェックをすることが大切です。

推敲の方法を分かっていればより良質なコンテンツを作ることができます。

推敲について知ろう!

推敲とは、簡単に言うと「記事(原稿)のチェックを行い、修正すること」を指します。
誤字脱字、表現の間違いなどをチェックする作業で、ある程度コツやチェックをする順番があるのです。

コツや順番を知って、文章を推敲することで誤字脱字などがない美しいコンテンツを作り出す事ができます。

推敲の流れって?

本格的に手直しをする前に下記の3点を一連の流れとして行いましょう。

①黙読する
スムーズに文章が読めるか、変換ミスやタイプミスをチェックするために簡単に読んでいきます。
②音読をする
ただ目で追うだけではなく音読します。書き言葉と話し言葉が混在していないか、表現が重複していないかなど、文章の違和感を見つける事が出来ます。
③文章を印刷して音読する。
指差し確認を行いながら、誤字脱字や違和感のある文章などを、色ペンでチェックしていきます。

直接原稿にチェックを入れる前に上記の3点を試してみましょう。
簡単に確認をしただけで原稿に修正やチェックを入れてしまうと、変更前の表現に戻したい時や、実は漢字やカタカナ言葉の表現が正しかった場合などに元に戻すことができなくなります。

推敲の方法

誤字脱字を最初にチェック

紙にチェックをした内容を見て誤字脱字の修正を行いますが、誤字脱字の修正が終わった後は必ず修正した一文を読み返しましょう。修正をしている時に誤って文字を1文字消してしまった、実は似たような漢字に変換されている。ということもありえるからです。

表現方法のチェック

おかしな表現はないか、スムーズに読むことができるか、一文は長くなりすぎていないかなどをチェックしていきます。少しでも「この表現、妙だな」「なんか引っかかるな」と思ったら3回ほど音読をしましょう。
音読をすることで文章にリズムがあるかどうか、普段耳にしている表現なのか見つけ出すことができます。

意図は伝わっているか

伝えたいことが伝わる文章になっているか、文章の流れがおかしくないかをチェックします。いくら誤字脱字がなく、表現方法が正しくても話の順番が前後していたり、矛盾があったりしていて、内容が伝わらない文章ではコンテンツを作成する意味がなくなってしまいます。
話の順番を組み立てる時に悩んだ場合は、一項目毎に番号を付けて入れ替えるという作業を何度か繰り返すことをおすすめします。

最終チェック


上記の作業が終わったら最終チェックのポイントを作り確認しましょう。

  1. 全体を3回ほど音読する
  2. 修正した誤字脱字に誤りはないか
  3. 修正した表現に誤りはないか
  4. 意図が伝わる内容になっているか
  5. 第三者に読んでもらう

5.の第三者に読んでもらうことはとても大事です。
修正をした文章は自分の主観が入っている可能性がないとは限りません。
【自分主観】になっていないかチェックを行う為にも第三者に読んでもらいましょう。

おわりに

推敲の方法を覚えておくことでより良質なコンテンツを作ることが可能です。また推敲ができるようになると自身の誤字脱字や表現方法などにも目を配れるようになります。これまで「なんとなくチェックをしていた」、「どのような手順でチェックをしていいか分からない」という方も参考にしていただけると嬉しく思います。

すべての人にインターネット
関連サービス