Rankbrain ついに時代はここまで来てしまったようです。 Googleは数ヶ月前からRankBrainという人工知能(AI)を アルゴリズムに導入していたという発表がありました。 ブルームバーグビジネスというメディアでGoogle社員の グレッグ・コラード氏が2015年10月26日に明らかにしました。 この人工知能「RankBrain」はアルゴリズムとしては3番目に重要で、 全Google検索の15%がこのRankBrainによって処理されているとのことです。 人工知能「RankBrain」は曖昧な言葉を理解し、自ら学習し進化するアルゴリズムだそうです。 もはや小手先のテクニックは通用しない時代となっているのを感じます。 小手先でなくもっと本質的なSEO、つまりキーワードの内容をより深く掘り下げた クオリティの高いウェブサイトが検索結果の上位に表示されるようになります。 ユーザーが検索時に求める答えを想定したテーマで新規のページを作成して、 さらに検索エンジンが認識しやすいように最適化した形式で サイトを構築してゆきましょう。 そのポイントとして以下の4つを挙げさせていただきます。 テキストでページを構成しましょう 検索エンジンが認識できない画像や動画でなく、 テキストで内容を構築しましょう。 1テーマに対して、1ページで構成しましょう たくさんのトピックを1つのページに入れ込みすぎないようにしましょう。 つまり、ひとつのトピックに対しては、1つのページで構成しましょう。 1つのページに2つ以上のトピックがあると、検索結果としての内容にブレが でてしまい上位表示されづらくなります。 独自性の高い、高品質な内容を構成しましょう オリジナリティが強く、クオリティの高いページほど上位表示されやすい傾向があります。 ユーザーにとってより有益なページを作ってゆきましょう。 新鮮な情報を発信してゆきましょう ユーザーが求める情報を、ウェブサイト内に追加してゆきましょう。 放置されたウェブサイトよりも、更新されるサイトの方が 検索エンジンから評価されやすい傾向があります。 まとめ 今回ご紹介したRankBrainは新しいアルゴリズムですが、 対策は従来から存在する本質的な内容となります。 今後、テクノロジーが進化してゆくとともに、SEOはより本質的なものに なってゆくことが想定されます。 つまり、ユーザーが求めるものを徹底的に考え、よりクオリティの高いページを 構築してゆくことが大事なのです。
すべての人にインターネット
関連サービス