コンテンツ作成時に欠かせない無料ツール5選

コンテンツ作成をする上で、ネタ探しや文章の構成をチェックする時に便利なのが有志の方がWEB上に公開してくれている無料ツールです。
コンテンツを作成するならば、知っておいて損はない無料ツール。「コンテンツネタに困った」「別の言い回しはないものか」そういった悩みを解決するきっかけとなるはずです。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)のキャプチャ

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

URL:http://www.related-keywords.com/

コンテンツを作成する上で文中に含めるキーワードに悩んでしまう、コンテンツを書いている途中で「目標とする文字数まで達しない」「ネタが切れてしまった」そういった時に便利なのがこの関連キーワード取得ツール(仮名・β版)です。検索窓に今書いているネタに関する単語、これからネタに出来るかもしれない単語を入れると関連するキーワードがあいうえお順で出てきます。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)の実行例

例えば【コンテンツ】と検索をすると、『コンテンツ アプリ』『コンテンツ ビジネスモデル』など、重複する言葉がいくつかあるものの、関連するキーワードが大量に出てきます。

「コンテンツを書いている途中でネタが切れてしまった」そういった時は関連するキーワードの中からネタを探すだけで良いので個人的にも重宝している無料ツールの1つです。

コピーメカ

コピーメカのキャプチャ

コピーメカ

URL:http://www.copymecha.com/

簡単にキャッチコピーが作れるツールです。

  • 商品やサービスの一般名
  • 消費者がする行動(動詞)
  • あなたの商品、サービス、お店の名称(固有名)

この3つを埋めると自動的にキャッチコピーを作成してくれます。試しに「コンテンツ」「学ぶ」「メディア」でキャッチコピーの作成をしてみましょう。

コピーメカの実行例(入力画面)
コピーメカの実行例(結果画面)

入力したキーワードを含めた7つのキャッチコピー案が出てきます。また何度でもキャッチコピーを作成することができるのも最大の魅力です。
自動生成なので出てきた結果を全てを使うことができるとは言いませんが、単語の組み合わせなどはタイトルを決める時に参考になります。

デュフフ

デュフフのキャプチャ

デュフフ

URL:http://difff.jp/

ご存知の人も多いでしょう。言わずと知れた文章比較ツールの1つです。

例えば参考にしているWebサイトの文章や単語などコピペのようになっていないか?と、誰もが一度は不安になったことがあるかと思います。
そんな時に便利なのがこのデュフフです。

デュフフの実行例

比較したい文章を記入するだけで、その差分が一目でわかります。
比較した文章と異なっている単語のみが青く記されるため、青の比率が多いとコピペの可能性が低いと判断できます。

コピペの確認だけではなく、自身が書いた前後の文章をチェックしたい時にも重宝するツールの1つです。個人的には他の人が書いたコンテンツの手直しを行った際や、修正されたコンテンツの再チェックを行う時に活用しています。

weblio辞書

weblio辞書のキャプチャ

weblio辞書

URL:https://thesaurus.weblio.jp/

コンテンツを作成していると「同じような単語を使いまわしてしまう」「他に言い回しはないのか」と悩んだ経験はありませんか?そういう時に便利なのがこのweblio辞書です。

weblio辞書の検索画面キャプチャ

試しに【印鑑】と検索してみましょう。
「印鑑」というで『判子』『スタンプ』『印章』など、類語が出てきます。
コンテンツを書く上で、知っている言い回しや単語などは多いに越したことはありません。
言い回しや語彙力などに自信がない人におすすめのツールです。

日本語校正サポート

こちらもコンテンツ作成をする上で欠かせない無料ツールの1つ。
魅力はなんと言っても自分好みに設定をカスタマイズ出来る点です。

日本語校正サポートのオプション

誤字脱字や誤変換、つい癖になりがちな仮名表現が望ましい当て字などもチェックしてくれます。
これを通せば問題ない、というわけではありませんが、コンテンツ作成後に一度チェックを通しておくと、ミスを発見しやすくなるので便利です。
コンテンツ作成に慣れていない、コンテンツ作成後にどこをチェックしたら良いか分からない、そういった方は是非取り入れてみてくだい。

おわりに

効率よくコンテンツ作成をする上で無料ツールは欠かせないアイテムの1つです。
上手く活用して自身の納得するコンテンツ作成を行っていただければと思います。

すべての人にインターネット
関連サービス