buy キャッチコピーとは、広告で用いられる文章のひとつとなり、 ユーザーに対して対象をアピールし、印象づける事を目的としております。 極端な話、キャッチコピーを付ける事により、ユーザーの目に留まる確率を高めることができ、 コンバージョン率の向上に結びつきます。 売上げアップ テレビCMを始めとして新聞やラジオ、インターネット以外にも我々の身の回りには キャッチコピーが溢れています。 キャッチコピーには、購買意欲高める以外にも、 ブランディングとしても有効活用されています。 「お口の恋人・・・」や「お、ねだん以上。」と聞いて連想できる企業はありませんか? ロゴ 上記もキャッチコピーによる効果だと考えます。 では、表題の「3分で!売れるキャッチコピー」となりますが、 今回は商品に関するキャッチコピーとなります。 商品キャッチコピーを付ける目的は、ユーザーの注目を引いて購買意欲を強く刺激する事です。 そのため、ユーザーに響く言葉を用いて端的にまとめる必要があります。 単純なところ、「商品の特徴を伝えるだけ」です。 重要なのは、「伝わるか、伝わらないか」なのです。 従って変にキレイなキャッチコピーは、自己満足となり、お客様には響きません! まずは、以下を実施してみましょう。 フロー ■特徴を列挙する 他店と差別化できるポイントを挙げてみましょう。 難しく考えず、知人に商品を紹介するような感覚で列挙してください。 5~10秒程度で思いつくものがまさに特徴です。 例) ・一日30個製造。 ・フランスで修行したパティシエが作ったチーズケーキ。 ・手作りの本格派。 第一段階 ※10秒以内で特徴を列挙できな場合、 「ターゲットが絞られていない」、「販売戦略が明確でない」、 「他のライバルと比較して飛び抜けたモノがない」などが考えられますので、 今一度、原点に振り返って下さい。 ■特徴の絞込み 列挙した特徴を文章にまとめた場合、長い文章になってしまい、 ユーザーの印象に残りにくくなってしまいます。 とにかくキャッチコピーにはインパクトが必要になります。 インパクトの強弱を分けて絞込みます。 第二段階 ■コンパクトにまとめる 特徴を3ブロックに切り分け、ブロックに適した言葉に変換します。 第二段階2 「引き」とはお客様の関心を引く為の言葉 「特徴」とは商品の特徴を表す言葉 「説明」とは商品やサービスの具体的な説明 第三段階 「1日30個しか作れない!本場フランス仕込みふわふわチーズケーキ」 これでキャッチコピーの完成となります。 さらに効果的なキャッチコピーを作るためには、
      ・インパクトのある引き
      ・オリジナルの言葉や表現
      ・食感や使用感がイメージできる言葉
      を上手く使う事が大切です。
ここで筆者が個人的に気に入っているサイトをご紹介します。 URL:http://www.mr-takumi.jp/ 木製バット 匠 ターゲットを学生に絞りこまれており、 ターゲットが欲しがりそうなキャッチコピーを用いております。 その他にも 「○○でお悩みではないですか?」、 「○○が気になりませんか?」 などの呼びかけ系のキャッチコピーや、 「1秒に1個売れています!とくかく試してみて!」などの 突進系のキャッチコピーがございますが、 共通点は、ユーザーに響くかどうかです。

おわりに

ターゲットに刺さるキャッチコピーを作れるようになるためには 場数を踏むことが必要です。最初から上手い人なんていません。 たくさんのキャッチコピーを作りユーザーの心をつかみましょう!!
すべての人にインターネット
関連サービス