超簡単!とっても便利、Googleマップをサイトに埋め込む方法

2014.1.22|ツール ノウハウ紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

みなさんこんにちは!。GMOソリューションパートナー株式会社です。

この記事では、ウェブ改善に関するノウハウとしてgoogleマップのサイト設置方法をご紹介します。

 

Googleマップをサイトに設置するとお得な2つの理由

 

サイト経由で実店舗や、事務所への集客を考える方は、わかりやすい地図の存在が欠かせません。

しかし、サイトデザインにマッチした地図をフォトショップなどで作成するのは

かなりのセンスと、大変な手間がかかってしまいます。

しかし、Googleマップを埋め込んでしまえば、ユーザーに分かりやすく

そして、デザインも申し分ないアクセスマップを設置することができます。

そこで今回は、Googleマップを簡単に手早くサイトに埋め込むやり方を説明します。

 

 

Googleマップの設置手順

 

まず、Googleマップにアクセスします。

URL:https://maps.google.co.jp/

GoogleMAPTOP

 

住所、屋号で検索する

検索枠に、店舗の住所や、会社名などの屋号を入力し検索してください。

すると、会社周辺の住所のGoogleマップが表示します。

map2

 

Googleマップのソースを取得する

下の図の赤い枠で囲った部分をクリックして、ウェブサイトへの地図埋め込み用HTMLコードをコピーしてください。

コピーしたソースを、サイトのページ内のHTMLソースに入れてアップロードするだけでOKです。

map3

 Googleマップをカスタマイズする

 

上の画面にて、「埋め込み地図のカスタマイズとプレビュー」をクリックすると

下の画面に遷移します。

 

この画面では、地図の大きさを大~小と変えたり、

幅や高さを指定し、埋め込む地図をカスタマイズすることができます。

カスタマイズ後にHTMLソースをコピーしサイトのソースに入れてください。

 

map4

 

まとめ

Googleマップから作成した地図は、無料でかつ高品質である一方驚くほど作成するのが簡単です。

ぜひ、ご活用いただき、サイトから実店舗や事務所へのお客さまの誘導にお役立て下さい。

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL