商品の”味”は画像で決まる!?

2014.1.16|ツール

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

少し乱暴なタイトルとなってしまいましたが、食品を扱うサイトさんは無視できない・・・というよりも「無視してはいけないポイント」と言えるでしょう。

ユーザーは商品を”見て”そこから”イメージ”して、

購入“や足を運ぶといったアクションを起こします。

つまり、次のアクションを起こすための判断材料である

イメージ = 画像は非常に重要な要素となります。

インターネットの世界を”現実の世界”に置き換えてイメージしてみましょう


もし、あなたが街中で見たレストランのディスプレイが、メニューがおいしそうではなければお店に入ろうとするでしょうか?注文をしようと思うでしょうか?

あなたの運営するウェブサイトは、店舗であり、商品ページはメニューということです。

つまり、「おいしそうなメニュー」=「おいしそうな画像」を用意することが重要となります。

画像加工ウェブツール「超!おいしく変換」

URL:http://foodpic.net/

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回は画像の加工が苦手という方でも活用できるウェブツールのご紹介となります。

このウェブツール、おすすめしたいポイントが、

1.会員登録などの必要がなく無料である。

2.とにかく操作が簡単である。

という2点です。

さっそく以下手順に沿って実施してみましょう。

手順1

ご紹介ページ右下の「参照」をクリックします。

手順2

「参照」をクリックするとお使いのPCフォルダが表示されます。

変換した画像が格納されているフォルダから、画像を選択し「開く」をクリックします。

手順3

「UPLOAD」をクリックで変換作業は終了です。

加工前と加工後で比較してみましょう。

加工完了ページ上部の「BEFORE」「AFTER」タブをクリックすること比較することができます。

加工した画像を保存しましょう。

加工した画像は右下の「DOWNLORD」をクリックしてお手元のパソコンに保存できます。

非常に簡単ですね。

まとめ:商品やサービスの魅力をしっかり伝えよう

今回の記事は、ご紹介ツールに合わせて食品にフォーカスいますが、どのような商品、サービスであってもその魅力を伝えることは重要であり、画像は大切な要素となります。

インターネット上では、どんなに魅力的なサービス、商品であっても画像の良し悪しでユーザーが受ける印象は大きく変わってしまいます。

あなたが取り扱うサービス、商品をより魅力的にユーザーに伝えるためにもクオリティの高い画像を用意しましょう。

超!おいしく変換

URL:http://foodpic.net/

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL