皆様、こんにちは。GMOソリューションパートナー株式会社のウェブ改善事例集にて今回ご紹介するのはウェブサイトに文章を増やす際により見やすいコンテンツにする方法です。   情報を増やした結果、見た目が単調になってしまう問題 SEOのためにサイト上にテキストを増やすという対策を実施している方は多いと思います。 また、商品やサービスの魅力をサイト上で伝えるために、商品やサービスの魅力や 活用方法、他の競合の提供するものよりも優れた点などをサイト上で表現するために 文章を増やすといことはサイト運営上必要不可欠かと思います。 しかし、その結果として文章が長くなってしまったり サイトが見づらくなってしまうこともあります。 単調な長文では、よほど必要にせまられたサイトの訪問者ではない限り、 なかなか読んでもらえないのです。 そこで、長い文章でも、サイトの訪問者を飽きさせない方法をご紹介します。   1.見出しで区切る 長い文章を、見出しで短く区切ることで、とても読みやすくなります。 見出しにより、文章の概要をつかむ事ができ、 読み手としては、文章を読む心構えができるのです。 また、文章の見た目に変化を与えるので、読む人を飽きさせません。 文章の重要なポイントを見出しで表現するため、大事なことをより伝えやすい仕掛けとなります。 さらに見出しをH1、H2などの見出しタグを用いてhtmlソースを記述すれば 検索エンジン対策としても効果的です。   2.画像やバナーを入れる 長文でも文中に、画像やバナーを差し込むだけでグンと読みやすくなります。 内容にビジュアル的な変化を加えることで、読む人に飽させない効果があります。 さらにコンテンツの見た目がよくなるだけでなく、伝えたい内容の魅力や訴求力を 強めることができます。   3.画像やバナーの配置を変える 画像やバナーがあっても、同じパターンの繰り返しだと、これもサイトの訪問者を 飽きさせてしまいますので画像の配置をにも気を使い工夫をつけましょう。 同じ大きさの画像だったとしても、たとえば左右の配置をいれかえて変化を与えると サイトの訪問者を飽きさせない仕掛けとなります。 画像を左右に配置   4.大きさや形を変える 配置している画像や文章の枠の大きさ・形を変えることも、ページを読むサイトの訪問者の目に変化を与え長い文章を飽きさせずに読ませる仕掛けになります。 大きさや形を変えて見た目を変化させるプレビュー   まとめ せっかく、サイトの情報を増やすのであれば、見せ方に工夫を加え、サイトの訪問者を飽きさせないように心がけましょう。 紹介した手法を参考に、商品やサービスの情報をより良い形で伝え、結果としてサイトの目的を達成することに役立てて下さい。    
すべての人にインターネット
関連サービス