サイト改善チェックリスト ありそうでなかった『サイト改善チェックリスト』をまとめました。   サイト運営に悩んでいる担当者や、これからサイトを立ち上げる社長にも使えるチェックリストを厳選しております!   古いチェックリストもございますが、改善に関する基本的な考え方は不変かつ重要なものです。繰り返し、サイト運営に携わる皆様でご活用頂ければ幸いです。   ではどうぞ。  

1)サイト運営者、担当者の心構え!

URL:http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2008/08/01/3253

運営体制チェック

今回は、企業のWeb担当者が、日々のサイトの運営を行ううえで意識しておかなければいけない点や、企業としてウェブサイト運営をする場合に必要になる要素を対象としたチェックシートをお届けする。 今回の項目の多くは、ウェブサイトを外から見るだけではわからないものが多い。また、できているかどうかが明確に判断しづらい項目もあるかもしれない。しかし、ここで挙げた項目は、ウェブサイトを企業にとって価値のあるものにするために必要なものや、サイト運営で発生しがちなトラブルを避けるために組織として準備しておかなければいけないものである。うまくできていない項目がないか確認して体制を整えるための基本資料として使ってほしい。
 

2)SEO?集客?まずは利便性を

URL:http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2008/03/17/2549

最低限クリアしたい40項目のチェックシート

SEO? ユーザビリティの向上? それ以前にしなきゃいけない「サイト作りの基本のキ」を、あなたのサイトではちゃんとできているだろうか?高度な施策に目を向ける前に、最低限クリアしておきたいチェックポイントをまとめてみた。あなたのサイトは何点とれるだろうか?
 

3)レイアウトデザインで統一性を演出

URL:https://orangeretail.jp/blog/e-commerce/765

あなたのEコマースサイトをクイック・チェック

ウェブ上に様々なEコマースサイトがある中で、当然そこには見習うべきサイト、そうでないサイトがあります。これからサイトを作成しようとする人、自分の運営するサイトを客観的に評価したい人はどんな点に注意しなければならないのでしょうか。 ユーザビリティの観点に立ち、Eコマースサイトのチェック項目をご紹介したいと思います。
 

4)競合サイトを出し抜く!

URL:http://creators-manual.com/research/

競合サイト調査・分析に必要なチェック項目と役立つツール達!

たいていの人は何らかの商品を購入する時、似たような商品の中から一番気に入ったものを買うと思います。そのため、自社商品を他社商品よりも多く購入してもらうには、お客様に「これが一番良い!」と思ってもらえる商品でなければなりません。 お客様に自社商品を一番だと思ってもらうには、競合他社の調査・分析は欠かせません。自社と他社の違い(差)を理解することが、より優れた商品やサービスの開発に繋がります。 これはWEBサイト制作でも同じです。競合サイトの調査分析をすることで、どのようにWEBサイトを組み立てたら、競合サイトよりも優れたサイトになるかが見えてきます。
 

5)ソーシャルメディアを始める前に

URL:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/23161

スタートアップのためのチェックリスト

今回の記事では、「スタートアップとして起業をする際に気をつけるべきこと」をまとめました。日々取材をする中で、特に成功している企業を観察した結果生まれたチェックリストです。 あくまでブロガーという立場からのリストではありますが、ウェブサービスを使った起業を考えている方にとって少しでも参考になれば幸いです。
 

改善チェックリストの共通点

  お客様視点の考え方を持てるのが、WEB改善チェックリストの共通点と私は思います。お客様をみずにひとりよがりなサイトは売れませんし人も来ないことは明確です。 アクセス解析やリサーチなどの前に、まだまだチェックリストで事足りるサイト改善は必ずやあるかもしれません。さいごにチェックリストの意味をご紹介することにします。  

ワタシはなぜチェックリストを使っているのか?

URL:http://cyblog.jp/modules/weblogs/6958
「人間には、二種類ある。チェックリストを使う人と、そうでない人だ」 と、誰かえらい人が言ったのかどうかは知りませんが、「チェックリスト」に対する人の反応には二つのパターンがありそうです。 一つは、「チェックリストなんて必要ない」というもの。ときに、その声には嫌悪感に近い印象を感じることもあります。 もう一つの反応は、「チェックリストは必要ですよね」。ごく普通に受け入れている場合から、より積極的に導入を進めている方もおられます。 片方はチェックリストと無縁な生活を願い、もう片方はチェックリストとうまく付き合っているといったところでしょうか。この両者の違いは、チェックリストという紙片を持っているかどうかにとどまりません。
すべての人にインターネット
関連サービス