093183 ウェブサイトを運営する上で、絶対に必要不可欠なものの一つにキャッチコピーがあります。 キャッチコピーひとつで、成果がまるで違います。 しかしながら、どのようにキャッチコピーをつくればいいのか最初は考えにこまることもあるかもしれません。 そこで、すぐに使えるキャッチコピーのコツを5つご紹介します。  

メリットを訴える

1つ目はメリットを述べるものになります。 その商品を買ったり、サービスに申し込んだりするとどのようなメリットがあるのか。   例)「ネットショップで24時間365日売上が上がります」 例)「SEOで検索エンジンからバンバン集客」   もうひとつ、買わなかったり、申し込まないことでどのようなメリットを失うのかというものになります。   例)「SEOせずに、ライバルサイトが上位表示するのを黙って見ていますか?」 ちょうど、メリットをめぐって表裏のパターンがあります。    

デメリットを訴える

2つ目はデメリットを述べるものになります。 その商品やサービスを購入しなければ、どのようなデメリットを受けるのかというものになります。   例)「◯◯がないと年間10万円損するワケとは?」   これは、商品やサービスを買うことでどのようなデメリットから逃れられるのかという表裏パターンです。    

感情に訴える

3つ目は感情に訴える文章にすることです。 頭では、わかっているけれどもどうも買う気にならないことはあるかと思います。 そんな時は、感情に訴えるキャッチコピーが効果的です。   例)「足が震えるほどの恐怖から、全てがひっくり返るラスト30分に感動した」    

数字を入れる

4つ目はキャッチコピーのなかに数字をいれるものになります。 ただメリットを述べるのでなく、パーセントや数、時間などの数字をいれることでより訴求力を高めることができます。   例)95%の来訪者が購入した◯◯    

ターゲットをしぼる

5つ目はターゲットをしぼるということです。 だれにでも売りたいものは、だれにも売れません。 欲しい人、求められるターゲットにむけてキャッチコピーを書きましょう。   例)働く女性におすすめしたい◯◯ 例)定年後の資産運用を考える人におすすめの◯◯  

まとめ

今回ご紹介したのは、基本的ですが簡単で効果的なキャッチコピーの作り方となります。ちょっと意識するだけでも、いままでとは違うキャッチコピーを作りやすいのではないかと思います。 ぜひとも試してみてください。
すべての人にインターネット
関連サービス