Google公式ブログより、 「ウェブマスター向けトラブル シューティングページの提供を開始しました」という記事が
公開されました。 このトラブル シューティングで、今後のWEBサイトのトラブル対処に、
貢献できるのではと考えます。 今回用意されたトラブルシューティングは、 誰でも分かるように問題と解決策まで教えてくれます! 画面内にある選択肢の中から、 該当する問題を選択していくと、対処法を最終的に表示してくれます。 対処法自体は、以前から掲載されているヘルプページにリンクしますが、 インタラクティブ化させる事により、有意義なコンテンツに進化しています。 ここから参考例です。サイトにアクセスすると、 以下の選択項目が表示されます。

今回は、「検索結果におけるご自身のサイト」を選択します。

※ちなみにここで選択する項目によって、次の質問が変わってきます。
すると、次の質問がプルダウンで出てきます。



さらに、「サイトの掲載順位が下がった」を選択します。


「site:○○」で自サイトをGoogleで検索し、インデックス有無の確認を推奨してきます。

インデックスされている場合「はい」を選択します。


ウェブマスターツール上で、トラブルに関するメッセージを受信しているか確認を推奨してきます。

メッセージがない場合「はい、ウェブマスターツールアカウントを…」を選択します。


表示画面のこちらをクリックすると、以下のヘルプページへリンクします。

この画像以降では、「コンテンツの充実」などをメインに色々な対象法が記載されています。


まとめ

サイトの状況によっては、最終的に具体的な対処法に辿り着かない場合もありますが、
インタラクティブ化した事により、より身近にウェブマスターツールを活用できるようになったと考えます。 まずは、トラブルシューティングに触れ、トラブル対処の知識やウェブマスターツールが目指すものを理解していただければと考えます。
すべての人にインターネット
関連サービス