15525 皆様、こんにちは。今回のGMOソリューションパートナー株式会社のWEB改善事例集にてご紹介するのは、ウェブサイトを改善するうえで、重要な1:5の法則、5:25の法則についてになります。   1対5の法則   1対5の法則は、新規客に商品を販売する際に発生するコストは、既存客の販売コストの5倍になるという法則です。 既存の方が1/5の低コストで集客ができるというものになります。   5対25の法則   5対25の法則は、流出する顧客の5%を引き止めることが出来れば、利益が25%改善するという法則です。   新規顧客にコストを使うのも大事ですが、既存顧客を大事にフォローすることにコストを掛けたほうが効率的ということになります。   既存顧客の方が低コストで効果的な理由   なぜ、既存顧客の方が、新規よりも低コストで、効果的に利益を出すことができるのでしょうか。 新規顧客は、まず商品やサービスを知ってもらうところから始めなければなりません。 また商品やサービスに、メリットを感じてもらい、競合の中から選んでもらうまで働きかけなければならりません。 それに対して既存顧客は、すでに商品やサービスを知っており、知ってもらうまでの広告宣伝費が要らない状態です。 また、既存顧客はメリットも一度感じてもらっており、二回目の購入には、メリットをもう一度感じさせるための時間・労力・費用は一度目に比べれば少なくて済むものです。 また、既存顧客は競合他社のなかからわざわざ、一度、選んでもらっていますので、購入や申込にもっとも必要な信頼をすでに勝ち得ているのです。新規に信頼を得るよりも、信頼を保持するほうがかかる労力は少ないでしょう。 その上、一度リピートしてくれた既存顧客は、再度リピートしてもらいやすいものです。新規顧客よりも、リピーターやファンの存在は、口コミなどによって、さらなる新規顧客を誘発します。そして商品やサービスのファンをそだててゆけば、ロイヤルカスタマーとしてビジネスをささえてくれる重要な財産となってくれることでしょう。   まとめ   集客をする際には、ついつい新規顧客にばかり目がゆきがちではないでしょうか。 釣った魚にえさをやらない心理で、既存顧客は、ともすると放置されがちです。 1対5の法則と5対25の法則は、新規顧客も大事ですが、既存顧客はさらに重要だということを改めて認識させてくれます。 ウェブサイト改善の武器として1対5の法則と5対25の法則を活用いただき、あらためて既存顧客へのアプローチを見直していただければと思います。
すべての人にインターネット
関連サービス