success2 成功するサイトと、失敗するサイトは何が違うのでしょうか? 今回GMOソリューションパートナー株式会社のWEB改善事例集では 成功するウェブサイトが持つ二つのポイントをご紹介します。   成功への道筋を明確に持っている 一つ目の成功するサイトのポイントは、サイトの中で成功へのステップを持っているという点です。 そのサイトが誰のために、どのように役に立つのか具体的に明記しており、 他のサイトでなく、そのサイトを利用する明確な理由が記載されているということです。   道筋を持っていないサイトの傾向としては、具体的に何に役に立つサイトなのかの説明がなく他サイトとの差別ポイントが表現されておりません。   道筋がない表現例) ・コーチングをするサービスです。 のようにどのよう役に立つかわからず、差別化のポイントも表現されておりません。   道筋をもっているサイトとは、例えば   ・「ストレスチェックの法制化に伴い社員のストレスチェックできてますか?」   などニーズに答える表現がある   ・「当社は、以前からストレスコントロールのセミナーを数多く実施しておりお伺いして状況に応じたストレスコントロール研修を実施します。」   などの記載があるとサイトの訪問者は、以下のような心理的な道筋をたどり問い合わせに誘導されやすいのです。   「50人以上の社員を持つ事業者は、社員のストレスチェックが義務化されたので、社員のストレスを軽減するコーチング研修を探している。その中で、他にない専門的知識があり、フットワークの軽そうなセミナー会社のウェブサイトを見つけたので是非問い合わせをしたい。」   成功するサイトは、このようなサイトの訪問者の心理的道筋を誘導する表現を、 ウェブサイトに記載しているのです。   ゴールにより近いキーワードで対策している 二つ目の成功するサイトのポイントは、対策キーワードにあります。 成功するサイトは、SEOで力を入れているキーワードが、よりゴールに近いものであるという特徴があるのです。   例えば、「洋服」で検索するユーザーは、「洋服」 について知りたいものの まだ買いたいわけでなく、まずは調べたいだけかもしれません。 洋服通販で検索するユーザーは、洋服を通販で買いたいと考えているかもしれませんが、まだどんな洋服を買いたいか決めていません。 「ワンピース レディース 通販 黒」 のようなキーワードで検索するユーザーはどのような商品を買いたいかを、決めています。 成功するサイトの多くはこのような「ゴールに近いキーワード」で対策を行なっているのです。 そのために、ゴールに近いと思われる検索キーワードの文字列を、サイト内に配置しなければ なりません。   まとめ この二つのポイントを押る事で、ウェブサイトは成功に近づきます。 ウェブサイトで、ゴールへの道筋を明確にし、ゴールにより近いキーワードで 対策をとって行きましょう。      
すべての人にインターネット
関連サービス