QandA   1.Q&Aを充実させる
購入意欲の高い顧客の方が、商品により興味関心を持ちます。 サイトがその気持ちに答えられない時、顧客は別のサイトへと去ってゆきます。 商品を買う気持ちの強い訪問者の興味関心に、どれだけ答えられるかによってコンバージョン率が変わります。 商品に関するたくさんのQ&Aを作成し、コンバージョンをもたらす見込顧客を逃さぬようにしましょう。 過去の利用者からあった質問をためておき、コンテンツへ反映させるのも効果的です。 2.動画を設置しましょう。 動画を設置しているサイトはまだまだ少ないのではないでしょうか。 動画を使用するメリットは画像だけではわからない、使用感や臨場感などの動画ならではの表現力です。 ライバルがまだ使いこなせておらず、メリットを伝えやすい動画というツールを活用しない手はありません。 商品やサービスの活用方法や、画像だけではわからない角度や動きなどのビジュアル的要素によって、購入後のイメージをより想像させることができるため、動画を上手に活用するサイトはコンバージョン率が高い傾向があります。 またプレゼンテーターとして、店員やショップオーナーがどのような人なのかをアピールすることもできます。 人はものをどのようなショップから買うかよりも、どのような人から買うかという方が強い動機付けとなります。 人間性をアピールできればよりコンバージョン率が高くなります。 3.他とは違う説明文 メーカー提供の説明文をそのまま使用すれば、他のサイトと同じ内容のページになってしまいます。 そうなると、どちらのサイトで商品を購入したり、サービスを申し込んだりしても差はないということになってしまいます。 同じ商品やサービスだったとしても、説明文が他のサイトよりも優れていれば、それだけで他のサイトよりもコンバージョンが発生しやすくなります。 また、SEOとしても独自性の高い文章は評価が高まります。 SEOの点からも、コンバージョンの点からも独自性の高い説明文を作成しない手はありません。 4.情報量を増やす その商品やサービスを購入しようと考えても、本気であればあるほど、「本当に購入しても大丈夫だろうか」ともう一度考えるものです。 そのため、購入や申込について、本気度の高い訪問者ほど情報を求めています。 求める情報が得られないとき、そういったユーザーも、サイトを離脱してしまうということもありえます。 そのため、商品やサービスに関する、より多くの情報を載せることで本気度の高い訪問者を逃さず、コンバージョンへ導く確実な対策となるのです。   まとめ 今回ご紹介したテクニックは、簡単そうにみえますが、実は奥が深い内容になります。 ユーザー視点で、コンテンツを見なおせば、必ず改善案が見えてきます。今回紹介した4つの方法を用いてコンテンツを改善してゆけば、コンバージョンの向上という形で成果が見えてくるのではないでしょうか。 ぜひお試しいただければ幸いです。
すべての人にインターネット
関連サービス