Googleはサイトの情報を読み込んで、Googleのサーバーにテキスト情報として格納し順位付けをして、検索結果に表示させます。 インターネット上の情報をよみこむことを「クロール」 Googleのサーバにテキスト情報として格納することを「インデックス」 順位付けをする仕組みを「検索アルゴリズム」といいます。 つまるところ、検索順位をあげようと思ったら、しっかりとコンテンツをつくりこんでゆくだけでなく、まず第一に、コンテンツの内容をしっかりGoogleに認識させなければなりません。 そのためのノウハウをやり尽くしたとして、その結果Googleは実際のところ、どのようにみなさんのサイトを認識しているのでしょうか? ひょっとしたら、エラーなどが発生し、サイトの情報を正しく評価できていないのではないでしょうか? そうなると、積み上げた努力が無駄になってしまいます。 そこに気づいてしまったサイトオーナーの方におすすめしたいツールがあります。 それを知るための機能をGoogleはウェブマスターツールにて提供開始しました。

ウェブマスターツールに機能追加

Googleは2014/5/27(火)ウェブマスターツールに、ある機能をを追加しました。 それは、Google検索botがネット上の各サイトをどのように認識しているのか プレビューを表示する機能です。

Googleウェブマスターツールとは

Googleウェブマスターツールは、サイトのオーナーに、 INDEX状況やエラー等の、Googleがサイトをどのように認識しているのか情報開示するツールです。Googleの無料アカウントと自分のサイトを持っている人はみな、無料で利用できます。 Googleの無料アカウント登録が必要になります。 Googleウェブマスターツールの一機能に「Fetch as Google」 (「フェッチアズグーグル」と読みます) というものがあります。 もともとは、クロールしたサイトのテキスト情報を表示したり INDEXするように申請をする機能などがありました。

「Fetch as Google」への追加機能について

今回追加されたのは、「Fetch as Google」に テキスト情報だけでなく、見た目(レイアウト)がどのようなサイトか ということをGoogleがどのように認識しているのか プレビューで見ることが出来る機能になります。 以下画面遷移で「レンダリング」というボタンを押下すると サイトのプレビューが見えます。

画面遷移

画面遷移は以下となります。 Googleウェブマスターツール>サイトURL>クロール>「Fetch as Google」>連打リンク

また、以下のように画面遷移し操作して、サイトのプレビューを確認することができます。 fetchasgoogle1
webmastertool2

活用方法

もし、エラーで実際の表示と違ってしまった場合は、Googleに正しくコンテンツが認識されている状態ではありません。せっかくのコンテンツがしっかりと認識されていないため、正当な順位にならないかもしれません。 そんな状況を改善するため、サイトのHTMLを修正して、Googleが認識しやすいものに改善するというようにウェブマスターツールを活用しましょう。

すべての人にインターネット
関連サービス