seo7 みなさんこんにちは。 GMOソリューションパートナー株式会社のWEB改善事例集で 今回ご紹介したいのは、SEOで最低限やっておきたい7つの基本的事項になります。 (1)1コンテンツ1URL ・一つの検索キーワードに対して検索結果に表示する ページは一つずつとなります。 したがって、1コンテンツ1URLにしてください ※frameタグやifameタグは使用しないようにしてください。 (2)タイトルタグ最適化 ▼設定のポイント ・サイト内でタイトルタグは重複しないようにしましょう。 ・トップページは33文字以内を目安に作成してください。 ・下層ページはある程度長くなっても結構ですが、 自然な文章を記載しましょう。 ・英数字は半角、日本語(ひらがななど)は全角で記載してください。 (3)メタキーワード最適化 ▼設定のポイント ・メタキーワードは、 現在、SEO対策にはほとんど影響がないタグですが、 html構築の観点から適切に設定しましょう。 ・メタキーワードには『表記の揺れ』が発生している キーワードを設置しましょう。 [表記の揺れとは?] 「引越し、引っ越し、引越」 「花、フラワー」「黒、ブラック」のように、 同じ意味や同じニュアンスであるが、 表記方法が異なるキーワードのことです。 ・キーワードは、ページごとに5~10個を目安に設定しましょう。 ・キーワードは半角コンマ『,』で区切って設定してください。 (4)メタディスクリプション修正について ▼設定のポイント 1)各ページごとの説明文(概要)となります。 2)全角50~80文字(最大100文字)を目安に設定しましょう。 3)各ページごとに固有の内容を設定しましょう。 ---------------------------------------------------------- ▽文字数カウンターです。ご活用ください。 http://www.nummoji.kenjisugimoto.com/ (5)h1タグ最適化 全ページのサイト上部に、 h1タグの設置をお願いいたします。 ・h1タグのみ設定した場合、フォントサイズが大きくなりますので、 フォントサイズ、色などはお好みに合わせて設定をしてください。 ・h1は各ページに1つまで設定できます --------------------------------------------- ■h1タグとは? h1タグとは、各WEBページの『見出し』となります。 該当ページ固有の『見出し』となりますので、 使用方法に合わせた文言を設定しましょう。 見出しタグは、h1~h6まであり、それぞれ、 中見出し、小見出しというニュアンスでご利用いただけます また、h2タグ以降は、 1ページに複数設置いただいても構いません。 「中見出し」「小見出し」が存在するようなページ構築を 心がけましょう。 (6)テキスト情報最適化 検索エンジンはサイト内のテキスト情報を基に、 サイト内容を理解し、検索順位を決定する要因の 1つとしています。 よって、サイトの情報を増やすことは、 有益なSEO対策となります。 画像バナー下部に、画像バナー(リンク先ページ)の キャッチコピーや概要をテキスト情報にて記述しましょう。 ----------------------------------------------- ※テキストを記述する際は、以下の点にご注意ください。 ・自然な文章を心がける SEOキーワードを意識しすぎるあまり、 不自然な文章にならないよう注意しましょう。 また、サイトテーマに沿った情報を記載することで、 対策キーワードの同意語(関連語)を増やすことも 重要となります。 ・キャッチコピーを使用する インターネットは対面販売ではないため、 貴社商品の魅力をユーザーに伝えるためには、 キャッチコピーは重要な要因となります。 (7)ページ数の追加 インデックス数が多いと情報量の多いサイトとして 検索エンジンからの評価が高まる傾向があります。 商品ページや情報ページなどを追加し、 サイト内のページ数を増やすことがインデックス数を増やすことにつながります。 インデックス数はGoogleに認識されているページ数です。 GoogleやYahoo!JAPANの検索窓にsite:(ホームページのurl)で表示する件数になります。 競合よりも多いページ数を目指しましょう。 ●まとめ SEO対策としては、メジャーなものですが、 メタディスクリプションやタイトルタグが複数ページで重複などは見落としがちです。 また、ページの追加は分かっていてもなかなか実施できていないWEB担当者の方も 多いのではないでしょうか。 この記事を機に、ぜひこの基本的な7つのSEOを実施頂きサイトの改善を行って頂ければと思います。
すべての人にインターネット
関連サービス